映画『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』世界を震撼させた最重要人物の拘束極秘作戦

写真拡大

映画『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』が、2017年1月、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー。

第二次世界大戦後、数多くの戦犯が海外へ逃亡し、ナチス・ハンターによる執拗な追跡作戦が繰り広げられていた。600万人を強制収容所へ移送させたアドルフ・アイヒマンもその重要人物の1人。本作は、アイヒマン拘束に関する極秘作戦の裏側の真実を描くサスペンス。そして、捕獲作戦を実現へと導いた陰のヒーローというべきひとりのドイツ人・検事長フリッツ・バウアーにスポットを当てた実録ドラマだ。

1960年に潜伏先のアルゼンチンでイスラエルの諜報機関モサドに拘束され、エルサレムの法廷へと引きずり出され世界中に中継された“アイヒマン裁判”は当時の人々に衝撃を与えたという。いかにして消息不明のアイヒマンを発見し、追いつめていったのか。

緊迫感のある予告編映像も解禁。危険を冒しながらも次第にアイヒマンを追い詰める、正義と信念を貫こうとするバウアーの姿が映し出されている。

監督はドイツの気鋭ラース・クラウメが担当。主演は『ブリッジ・オブ・スパイ』『ヒトラー暗殺、13分の誤算』などで話題を集めたブルクハルト・クラウスナー。その他、ロナルト・ツェアフェルトなど、ドイツ内外で活躍する俳優たちが集結。なお、『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』は、ドイツ映画賞で、作品賞、監督賞など最多6部門を受賞、世界の映画祭を席巻した。

さらに、10月15日(土)から開催されるドイツ映画祭2016「HORIZONTE」でジャパン・プレミアへ登壇することが決定。世界中で絶賛された注目の本作をいち早く日本で見ることができるチャンスだ。

【ストーリー】
1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。
そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。
アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。
しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。

【概要】
映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』
英題:The People vs Fritz Bauer
公開:2017年1月
出演:ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、リリト・シュタンゲンベルク、イェルク・シュットアウフ、セバスチャン・ブロムベルク
監督:ラース・クラウメ 配給:クロックワークス/アルバトロス・フィルム
2015年/ドイツ/シネマスコープ/105分/
(c) 2015 zero one film / TERZ Film