29日、PCオンラインゲームで世界を席巻した韓国だが、スマートフォンへの転換で出遅れ、苦しんでいる。写真はスマートフォンでゲームをする人。

写真拡大

2016年8月29日、環球網によると、韓国のゲームメーカーが中国企業との激烈な競争に直面している。

英紙フィナンシャル・タイムズは28日、韓国ゲームメーカーに関する記事を掲載した。MM
RPGで世界を席巻した韓国だが、今その輝きは失われつつある。PCオンラインゲームの世界売り上げは2012年の28.6%から20%前後へと低下した。

さらに、スマートフォンでの展開では欧米や中国のゲームメーカーに遅れをとっている。MMOPRGに固執して転換が遅れたとあるアナリストが指摘している。この間隙を縫って、中国ゲームメーカーが韓国に逆上陸。中国ゲームの「Mu Origin」は韓国で最も人気があるスマホゲームの一つにまで成長した。

クレディ・スイスのアナリスト、エリック氏は「スマートフォンゲームにとって開発スピードはきわめて重要。開発スピードや市場の把握において中国企業は韓国を上回っている」と分析している。(翻訳・編集/増田聡太郎)