初の最終予選に臨むFW原口元気「粘り強くやるメンタルはできている」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は30日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、9月1日(木)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE代表戦に向けたトレーニングを実施した。

▽練習後、FW原口元気がミックスゾーンで取材に応じ、最終予選についてや、UAE代表のイメージについて語った。

◆FW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

──ブンデスリーガの開幕戦ではマン・オブ・ザ・マッチでしたが

「(チームと代表は)全然別のものというか、違うものだと思っています。心は代表ですね。良いイメージでとかというより、しっかり切り替えて行くことが大事かなと思います」

──かなり疲弊した状況での合流だと思うが

「いっぱい動きましたが、やれることをやる。コンディションを整えることが1番です。戦術とか役割が違うので、徐々に準備しながら良い準備するだけですね」

──今日は途中までですか

「ほとんどやりました。コンディションは聞かれていて、できないですとは言えないです(笑)」

──2次予選と最終予選はやはり違うか

「チームとしてのピリピリ感というか。特に初戦というのは大事ですし、違うと思います」

──スタートからと途中からでは役割が変わってくると思うが

「最終予選は経験していないですけど、色々な試合をやってきました。上手く行くことも行かないこともたくさんあって、粘り強くやるメンタルはできていると思います。戦術的にどう修正するかというのは1人では難しいですけど、メンタル的な部分での準備はできていると思うので、最終予選では大事になる部分だと思います」

──日本代表では自分の良さを出していける感触はあるか

「出さなくてはここに居る意味はないので、自分が出た時にどうやってチームに貢献するかはしっかり考えてやっていきたいです」

──UAEと戦うイメージは

「やっぱり10番(オマール・アブドゥルラフマン)だと思うので、そこが起点になることがほとんどというイメージがあります」