日本を訪れる中国人旅行客が年々増加する一方で、中国国内では今なお日本を訪れ、日本で買い物を楽しむ中国人を売国奴扱いするような主張も存在する。だが、こうした見識の狭い主張に対しては、一部の中国人から反論する声が上がっているようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客が年々増加する一方で、中国国内では今なお日本を訪れ、日本で買い物を楽しむ中国人を売国奴扱いするような主張も存在する。だが、こうした見識の狭い主張に対しては、一部の中国人から反論する声が上がっているようだ。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、日本旅行が好きなことは非愛国的な行動なのだろうかと疑問を投げかける記事を掲載し、愛国心と旅行という行動には一切関係がないはずだと反発した。

 記事は、日本への旅行を楽しんでいる中国人に対し、中国国内では強い不満と批判を浴びせる声が存在し、往々にして日本旅行と「愛国心の有無」を結びつける世論が存在することを紹介。果たしてこうした世論は正常なのかと疑問を提起した。

 続けて、愛国心と旅行という行動には一切関係がないはずだと指摘し、それよりも日本には訪れるだけの魅力があると主張。例えば、日本は狭い国土に多くの人が住んでいるにもかかわらず、非常に衛生的だとしたほか、中国では取り壊される一方の伝統家屋、廃れる一方の伝統衣装も、日本ではよく保存されていると伝えた。つまり、日本には中国にないもの、中国で失われているものが存在し、それを見ることだけでも訪れる価値があるという意見だ。

 中国国内では、日本を訪れて日本で消費を行うことは「日本経済に利益をもたらす行為」であるとして、愛国心がないと批判する声があるのは事実だ。だが、この記事のように偏狭な愛国心を振りかざす愛国青年たちに対して反論する声も存在し、「日本旅行を批判するのは、日本を訪れたことのない中国人だ」という意見もある。中国で反日感情がいかに根強く存在しているかがわかると同時に、偏狭な愛国心に対する反発の声から「理性的な中国人」も増えていることが見て取れる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)