媚びない。飾らない。でいたいならユニクロの新ラインを着てみる

写真拡大 (全6枚)

自分を必要以上に飾らない。

誰かに媚びない。

そんな人は性別も年齢も超えて魅力的です。

裸で街を歩くことはできないので、必要になるのが洋服。飾らない、媚びないでいたいなら、自然とシンプルなスタイルへたどり着きます。シンプルなスタイルが多く見られるいま、人はより自身の魅力に気がつきたいのかもしれません。

ルメール氏が手がけるユニクロの新ライン

そして今日8月30日、シンプルなアイテムを多く扱っている「UNIQLO(ユニクロ)」は、一時の流行を超え、自分の姿を理想的に表現できる服を発表しました。それが「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」。

ユニクロ ユーは、ルメール氏がユニクロのアーティスティックディレクターとして監修する初のコレクションです。ルメール氏は、これまで「ラコステ」や「エルメス」といった世界を代表するブランドやメゾンのアーティスティックディレクターなどを歴任してきました。

そして、2015年秋冬から2016年春夏の2シーズンにわたり、自身のブランド「ルメール」とユニクロとのコラボレーション「UNIQLO AND LEMAIRE」を手がけたことは知っている人も多いはず。新たに発表されたユニクロ ユーは、ニットやアウターなど秋冬に着てみたくなるアイテムがそろっています。

その人らしさが表れる服

濃くも薄くもないニュアンスのあるグレーのニット。着る人のジェンダーによって、印象が変わりそうな一着です。

20160830_uniqlo_05.jpgオフホワイトのニットに小さなボンボン。ベースがシンプルなシルエットなので、甘くなりすぎず着こなせます。

20160830_uniqlo_03.jpg冬の冷たい風にあえてなびかせたいネイビーのコート。全身ネイビーのワントーンコーデにすれば、洗練度が増してきます。

20160830_uniqlo_06.jpgマスタードイエローのダウンジャケット。縫い目の間隔が大きくとられていることで、ソフトな印象に。

20160830_uniqlo_04.jpg微妙な差が印象を左右するダークブラウンも、上品に映ります。

他にも、ワンピースやジャケット、帽子、マフラーなどを展開予定。

ルメール氏の手にかかると、シンプルなアイテムなのに、人間らしさが浮き彫りになる気がします。ありのままの自分を見せるのは少し怖いけれど、楽しい。そんなドキドキを感じられるアイテムたち。

ユニクロ ユーは、日本、ヨーロッパ、カナダにて、9月30日(金)から発売されます。

Uniqlo U

文/ダーシー