たまにはひとりで人生について考えたい--という時は老舗バーへ。今宵酔うのは、経験豊富なマスターが腕を振るうカクテルか、気遣いのある会話か……。人の温かさにたっぷり触れられる、とっておきの時間を過ごせる名店の15の宝石。

11-12-001

指南役・岸 久さん
日本バーテンダー協会の会長。銀座一丁目にある『スタア・バー・ギンザ』の店主でもあり、世界的バーテンダーとして自身も腕を振るう。

ロイヤル バー/パレスホテル東京 『ドライ マティーニ』 ロイヤル バー/パレスホテル東京 『ドライ マティーニ』

ロイヤル バー/パレスホテル東京
『ドライ マティーニ』1550円

カクテルの王様「マティーニ」を誇るバーは多いが、ここの一杯は伝説的。ドライジンとドライベルモットがステア(冷却撹拌)される静かな緊張感も醍醐味。一昨年の建て替えで復活した、初代バーテンダー今井清氏設計の1961年開業当時のカウンターも見どころ。25席。
住所:東京都千代田区丸の内1-1-1 1階

バー オーク/東京ステーションホテル 『東京駅』 バー オーク/東京ステーションホテル 『東京駅』

バー オーク/東京ステーションホテル
『東京駅』1300円

東京駅の駅舎と同化するすばらしいホテルバー。2012年のリニューアルを経て、ますます人気。オススメはオリジナルカクテル『東京駅』。ドライジンをベースに、薬草・香草系リキュールの「スーズ」が爽やかなビターを与える。添えられたライムをなかばで搾ってもいい。16席。
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 2階

マンダリンバー/マンダリン オリエンタル 東京 『Nihonbashi』 マンダリンバー/マンダリン オリエンタル 東京 『Nihonbashi』

マンダリンバー/マンダリン オリエンタル 東京
『Nihonbashi』2268円

カクテルには街の名を持ち、インスピレーションを味や色彩で表現するものがある。ここで提供される傑作は、女性バー マネージャー栗原氏が生み出した『Nihonbashi』。ウオッカベースに、ゆずリキュール、グレープフルーツが爽やか。歴史あるお江戸日本橋を感じられる。51席。
住所:東京都中央区日本橋室町2-1-1 37階

オールドインペリアルバー/帝国ホテル 東京 『マウントフジ』 オールドインペリアルバー/帝国ホテル 東京 『マウントフジ』

オールドインペリアルバー/帝国ホテル 東京
『マウントフジ』1630円

甘すぎず、アルコールも強すぎず、全体にふくよかでフワッとした余韻が秀逸。オールドトムジンをベースにマラスキーノ、パイナップルジュース、生クリーム、卵白などで作られる。丸みをおびたグラスに添えられる赤いチェリーは、富士山の山際からのぞく太陽をイメージした。72席。
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1 中2階

Peterバー/ザ・ペニンシュラ東京 『タイムレス マリアージュ』 Peterバー/ザ・ペニンシュラ東京 『タイムレス マリアージュ』

Peterバー/ザ・ペニンシュラ東京
『タイムレス マリアージュ』2000円

シーバースリーガル12年をベースに、チョコレートリキュール、スイートベルモット、カンパリを使用。大人に好まれる品のあるビターが特徴。景色も、店内にあふれるペニンシュラ独特の前衛的斬新もすばらしい。バーテンダーもアイデア満載で、足を運ぶたびに驚きがある。40席。
住所:東京都千代田区有楽町1-8-1 24階

バー 光琳/コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 『ハニーモヒート』 バー 光琳/コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 『ハニーモヒート』

バー 光琳/コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
『ハニーモヒート』1782円

銀座人御用達として確固たる存在を示すバー。画家・尾形光琳からくる店名のとおり、伝統的で艶がある。カクテルはどれもオススメだが、特に銀座ハチミツとミントで作られる『モヒート』は、夏の終わりから秋にかけてが、深く清らかだ。コストパフォーマンスも圧倒的。58席。
住所:東京都中央区銀座6-14-10 地下1階

バー カプリ/ホテルニューオータニ 『コットン フラワー』 バー カプリ/ホテルニューオータニ 『コットン フラワー』

バー カプリ/ホテルニューオータニ
『コットン フラワー』1350円

『コットンフラワー』は綿花のことで、美しさの意味を持つ。ウイスキーに、あんずの核を使用した「アマレット」を加えて仕上げる。杏仁の風味は秋の季節に特に合う。ホテルは南国の暖かなムードが好きだが、日本庭園の美しさは四季折々の表情を見せる。120席。
住所:東京都千代田区紀尾井町4-1 ザ・メイン ロビィ階

ブリアン/京王プラザホテル(新宿) 『セレブレーション』 ブリアン/京王プラザホテル(新宿) 『セレブレーション』

ブリアン/京王プラザホテル(新宿)
『セレブレーション』1700円

華やかだが、どこか落ち着きのあるカクテル。シャンパンが注がれたグラスに、シェークされた、ブランデー、フランボワーズリキュールが満たされる。シャンパンの気泡とフランボワーズの風味を口いっぱいに広げてくれる。84席。
住所:東京都新宿区西新宿2-2-1 南館2階

オーキッドバー/ホテルオークラ東京 『秋雫』 オーキッドバー/ホテルオークラ東京 『秋雫』

オーキッドバー/ホテルオークラ東京
『秋雫』2685円

和の典雅に包まれるホテルは四季の色に染まり、オーキッドバーでも季節ごとに旬のフルーツを合わせたカクテルを提供している。今月はマスカットと巨峰をふんだんに使用した、秋味の一杯。また、シャンパーニュの憧れ『ドン ペリニヨン』をグラスで楽しむこともできる。89席。
住所:東京都港区虎ノ門2-10-4 本館5階

ニューヨーク バー/パーク ハイアット 東京 『コスモポリタン』 ニューヨーク バー/パーク ハイアット 東京 『コスモポリタン』

ニューヨーク バー/パーク ハイアット 東京
『コスモポリタン』1800円

都内でも有数の高所にあり、ワールドワイドなニューヨークバーは、瞬く夜景が摩天楼だ。季節よりも今を感じるライブなこのバーでは、世界的にも有名な『コスモポリタン』を楽しもう。ウオッカベースにグランマニエとクランベリー、クランベリーピューレ、スイート&サワーがポイント。127席。
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1-2 52階

メインバー/東京會舘 『會舘風ジンフィズ』 メインバー/東京會舘 『會舘風ジンフィズ』

メインバー/東京會舘
『會舘風ジンフィズ』1410円

ミルク入りの白い『會舘風ジンフィズ』。マッカーサー元帥も愛飲したというその始まりは、終戦後の接収時代に将校が「朝から目立たないように」とジンフィズにミルクを入れたとか。ミルクのやさしい香りがドライジンとの相性抜群で、甘味と酸味がほのかに心地いい。45席。
住所:東京都千代田区丸の内3-2-1 1階

バー5517/三笠会館 『5517』 バー5517/三笠会館 『5517』

バー5517/三笠会館
『5517』1500円

銀座並木通りの絶好のロケーションにある建物の地下で味わえるのは、所在地にちなんだ名のカクテル。メロンリキュール・ミドリをミントが引き締める。ほかにもオリジナルカクテルがあり楽しい。名人の後を継ぐ、現チーフバーテンダーのホスピタリティーもどうぞ。57席。
住所:東京都中央区銀座5-5-17 本店地下1階

BAR GINZA ZENITH 『マンハッタン』 BAR GINZA ZENITH 『マンハッタン』

BAR GINZA ZENITH
『マンハッタン』2160円

カクテルの名手でありながら、ウイスキーに造詣の深い店主の逸品。『マンハッタン』はウイスキーにスイートベルモットなどをステア。熟成の樽に由来する香味が、ジワッとくる。カクテルの女王といわれている一杯だ。じっくりと向き合いながら飲むのがいい。15席。
住所:東京都中央区銀座8-5-19 地下1階

BARオーパ 銀座 『テキーラ ギムレット』 BARオーパ 銀座 『テキーラ ギムレット』

BARオーパ 銀座
『テキーラ ギムレット』1300円

昨今目覚ましい、竜舌蘭の植物から造られるメキシコの酒・テキーラ。ここBARオーパは、ジンベースの『ギムレット』をテキーラベースに変えた『テキーラ ギムレット』の元祖。テキーラの味わいをライムジュースとパウダーシュガーの甘味によって引き出す店主の力量は、不滅。21席。
住所:東京都中央区銀座1-4-8 地下1階

BAR HIGH FIVE 『ホワイトレディー』 BAR HIGH FIVE 『ホワイトレディー』

BAR HIGH FIVE
『ホワイトレディー』1650円

ここは外国? と錯覚するほど欧米人のゲストが多い世界的有名店。ドライジンをベースにキュラソーとレモンジュースをシェーク。『ホワイトレディー』はどこにでもあるカクテルだが、ここの一杯は違う。秘密めいた店を探し当て、扉を開ける勇気を持って味わってほしい。18席。
住所:東京都中央区銀座7-2-14 4階

◎価格などの各種データは取材時のもので変更になっている場合もあります。