29日、中国北京市朝陽区六里屯の「街道弁事所(最末端の行政組織)」がこのほど、街頭の掲示板に間違ったデザインの中国国旗を貼り、ミスに気づいて正しいものに差し替えるという騒ぎがあった。

写真拡大

2016年8月29日、中国北京市朝陽区六里屯の「街道弁事所(最末端の行政組織)」がこのほど、街頭の掲示板に間違ったデザインの中国国旗を貼り、ミスに気づいて正しいものに差し替えるという騒ぎがあった。北京晨報が伝えた。

貼り出されたのは、リオデジャネイロ五輪の表彰式で掲揚された「デザイン間違い国旗」と同じく、小さな四つの星がすべて真上を向いているというもの。

街道弁事所は「制作委託先が誤って印刷した。即座に撤去し、正しいものに差し替えた」と説明した。

リオ五輪の表彰式では当初、間違ったデザインの中国国旗が掲揚されるミスが発生。中国側が大会組織委員会に抗議し、組織委が作り直しに入るというトラブルがあった。(翻訳・編集/柳川)