生理後だと人間関係が深まる理由

写真拡大

おなかは痛くなるし、イライラしちゃうし、もうすぐ生理だと思うと憂うつ...。

これらの不調の原因は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こるそう。

でも、生理の時期をうまくスケジューリングすることで、事をスムーズに運ぶことができるんです。

女性ホルモンの波を攻略する

生理1週間前は「プロゲステロン」が増える時期。「PMS」と呼ばれるように、心身ともに不調になりやすく、イライラして怒りっぽくなる時期です。

逆に、生理が終わったあとの1週間は「エストロゲン」が増える時期。心身ともに快調で前向きな気持ちになりやすいと言われています。

太陽笑顔fufufu..net」によると、女性の身体は、99%がこの女性ホルモンによって支配されていると言っても過言ではないそう。

"支配"と聞くとマイナスなイメージを持ちますが、このホルモンバランスをうまく使えば、スムーズに事を運んだり、人間関係を深めたりしやすいということ。

情報や誘惑にあふれた都会にいると、つい身体の声を無視して無理してしまいがち。

生理前は静かに過ごし、生理後に約束やアクティブな予定を入れるーー。

月経期はそうやって割り切って過ごせる、いいきっかけなのかも。

写真/Shutterstock

※この記事は2014年10月に公開したものを再編集しています。

こちらも読まれています

・私だって考えてる。板挟み世代の上司への意見の仕方

・彼の手のひら見えてる? 気があるかないかのサイン

・結局バレてる...? 秘密にしてた社内恋愛が漏れるとき