その不調「冷え性のせい」かも…?簡単ツボ押しで冷えを撃退

写真拡大

“冷え”は様々な病気や体調不良の原因となることを、みなさんはご存知でしょう。

冷え性をそのまま放置しておくと、“痛み”や “不妊”という形になって体に返ってくることもあります。日常的に“冷え”から体を守ることは健康維持にもつながります。じつは冷え性であることに気づいていない女性もいらっしゃいます。

今回はそんな女性の敵である、冷え性の原因・症状から撃退方法まで詳しくご説明したいと思います。1日でも早く冷え性を改善し、健康な体を維持しましょう。

■冷え性の原因とは?

女性は男性に比べ脂肪が多く筋肉が少なく、もともと熱を作りにくいため、男性よりも圧倒的に女性のほうが冷え性になりやすいと言われています。

また女性には生理があるため、血液が奪われてしまい体に熱を送ってくれる血液の量が減ってしまいます。

さらに女性はスカートをはいて足を露出したり、高いヒールを履いたり、タイトなデザインの服を着て体を締め付けることもあり、これらのファッションは直接体を冷やすだけではなく、血流を悪くするためさらに冷えを助長してしまいます。

このように私たち女性は元々冷えやすい体質のうえ、無意識の間に体を冷やしてしまっていることがあります。

■冷え性を放置してしまうとどうなる?

では冷え性を放置しておくと一体どのような影響がでてくるのでしょうか。

まずは免疫力が低下してしまいます。人間の体温と免疫力は密接に関係しており、体温が下がると免疫力が低下して風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

また、「夫婦ではじめたい!“妊娠力がグッとアップする”妊活習慣4つ」でもご紹介したとおり、冷えは妊娠力を大きく下げる悪い習慣のひとつ。体の中の子宮などの臓器を冷やしてしまうと、血液の循環が悪くなり、働きが悪くなってしまいます。

さらに、冷えから生じる痛みをご存知でしょうか? 「全国の働く女性に聞いた冷えと幸福度の因果関係調査」によると

<「冷えは万病のもと」といいますが、冷えは肩こりや腰痛、頭痛などを引き起こすこともあり、人によっては胃腸の不調や生理痛、むくみ、だるさなどの原因になります。>

とあります。では冷え性とはどのように戦うのがいいのでしょうか?

■冷え性と戦うならツボ!

血流を良くすると血が全身に行き渡り熱も運ばれて冷え性を改善できます。血流を改善し、冷えに働きかける3つのツボをご紹介しましょう。

(1)天枢(てんすう)

おへその両脇外側へ、指幅3本分離れた部分です。

(2)太渓(たいけい)

内くるぶしのすぐ後ろのくぼみの部分です。

(3)湧泉(ゆうせん)

足のつま先からかかとまでの約3分の1のところにあるくぼみの部分です。

■ツボ押しのポイント

ツボは力任せに押せばいいわけではありません。間違ったツボ押しはかえって症状を悪化させることもあるので注意しましょう。また妊娠中の方は避けましょう。

(1)力加減

押す力は“痛気持ちいい”と感じる強さです。指の腹で押しましょう。

(2)時間、回数

“5秒押して5秒離す”を10セットを目安に、リラックスして行いましょう。

ツボを押すときは、息を吐き、指を離すときは、息を吸うことも意識してみましょう。

ツボ押しには即効性がないため、毎日定期的に行うことでその効果が期待できます。

■指以外にお灸でツボ押しもおススメ!

お灸と言うと“おじいちゃんのイメージ”と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では簡単にできるもの、アロマの香りがするもの、煙の出ないものも発売されており、幅広い年齢層からセルフケアとして人気が高まりつつあります。

お灸はそれ自体が体に温熱刺激を与え、血行を改善します。つまり指圧によるツボ押しよりも、お灸のツボ刺激は冷え性に対してより効果が期待できます。お灸はそれだけではなくリラックス効果や鎮痛効果もあります。

よってより冷え性の症状の重いときに試してみるのがおススメです。

お灸のやり方は簡単です。お灸の薄紙をはがし、もぐさの部分に火をつけツボにお灸を貼ります。熱が冷めて皮膚が少し赤くなれば完了です。

火を使うので引火しやすいものは周りに置かず部屋は換気するようにしましょう。

以上、“冷え性を改善させるツボ”についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

冷え性は突然生じるわけではなく、生活習慣やその人の体質が影響して少しずつ体を冷やしていき、様々な症状があらわれます。

毎日冷えを意識して生活習慣を見直すこと、指圧でツボ押しをすること、症状が出たときはお灸を試してみることで少しずつ改善できると思います。

皆さんも生活に取り入れて1日でも早く冷え性を撃退してください。