28日、海洋汚染が深刻となっており、世界で毎秒200キロのプラスチックごみが海洋投棄されている。

写真拡大

2016年8月28日、参考消息網によると、世界で海洋汚染が深刻となっている。毎秒200キロのプラスチックごみが海洋投棄されている。

スペインEFE通信によると、国際NGO「グリーンピース」は25日、海洋汚染に関する報告書を発表した。世界のプラスチックごみ海洋投棄量を合計すると、毎秒200キロという膨大な数になる。毎年、800万トンものプラスチックごみが海へと捨てられている。

現在、海洋には累計で5億〜50億トンのプラスチックごみが漂流している。この数には沈んだりビーチに打ち上げられたものは含まれていない。この膨大なプラスチックごみによって太平洋、大西洋、インド洋には計5カ所の巨大ごみの島が形成されている。こうした状況を改善するためには、ペットボトルの廃棄量を減らすこと、リサイクルシステムを構築することなどが必要だと報告書は提言している。(翻訳・編集/増田聡太郎)