清武、原口も合流し全員集合! 時折雨が激しく降る中、本番に向けトレーニング《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は30日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、9月1日(木)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE代表戦に向けたトレーニング3日目を実施した。

▽3日目のトレーニングには、MF清武弘嗣(セビージャ)、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)も合流し、全24名が揃った。

▽時折激しい雨が降りしきる中、約2時間にわたって行われたトレーニングは冒頭の約15分が公開。ピッチに現れた選手たちは2グループに分かれて鳥かごを実施。途中、DF丸山祐市(FC東京)とDF昌子源(鹿島アントラーズ)がヴァイッド・ハリルホジッチ監督に呼ばれ直接指示を受け、その後FW小林悠(川崎フロンターレ)が1人で呼び出され直接指導を受けた。

▽約10分間にわたり選手たちは身体をほぐした後、GK3名を除く21選手がハリルホジッチ監督の下に集まりミーティングを行った。

▽ミーティング後はランニングを行い、その後はストレッチやウォーミングアップを実施。GKはステップワークとキャッチング、スローイングの練習を行っていた。