2位貫地谷しほり!不潔と知ってイメージダウンした女性芸能人TOP5

写真拡大

近年、片付けることが苦手で、“汚部屋”に住んでいることを公表する芸能人がいますよね。

脱ぎ散らかした洋服や、腐敗した食べ物を見るたびに、「え…こんなかわいい顔して、そんな不潔な人だったなんて!」とイメージダウンしたことはありませんか?

そこで今回『VenusTap』では、男性500人を対象に「汚部屋に住んでいたり、不潔だと知ってイメージダウンした女性芸能人は?」というアンケート調査を実施。早速その結果をランキング形式で紹介しましょう。

■1位は1カ月風呂に入らなかったことがある春香クリスティーン

<不潔女子だと知ってイメージダウンした女性芸能人ランキング>

1位:春香クリスティーン(69票)

2位:貫地谷しほり(37票)

3位:安田美沙子(36票)

4位:渡辺直美(35票)

5位:指原莉乃(HKT48)(34票)

6位:吉川ひなの(33票)

日本人の父とドイツ系スイス人の母を持つ、ハーフの春香クリスティーンが1位にランクイン。そのキュートな容貌からは想像できない、“汚女キャラ”っぷりは芸能界でも有名です。

テレビで何度も生ゴミだらけの汚部屋を公開しており、「部屋を、三年間一度も掃除したことがなかった」、「1カ月お風呂に入らなかったことがある」など、不潔エピソードは数知れず。

「あの汚部屋見たら、どんな男もドン引きする」、「こんな人は絶対彼女にしたくない」といったリアルなコメントが寄せられました。

春香クリスティーンと言えば、政治好きともしても知られ、ドイツ語、日本語、フランス語、英語の4カ国語に堪能な才女。

「顔は可愛いのに残念すぎる!」、「テレビで真面目な話をしていても、あの“汚部屋”が頭をよぎってしまう」と、その才色兼備な面と汚部屋とに大きなギャップがあることが、イメージダウンの理由かもしれません。

■男性の約6割は“潔癖症”の女性を選ぶ……かも?

掃除ができずに“汚部屋”に住んでいる女性と、一緒にいたら気疲れしそうな“潔癖症の女性”。彼女にするならどちらが人気なのでしょうか。

姉妹サイト『Menjoy!』の過去記事、「掃除ができない女と潔癖症!“彼女にするならどっち”調査結果発表」によると、61%の男性が「潔癖症の女性を彼女に選ぶ」と答え、39%の男性が「掃除をしない女性のほうを彼女に選ぶ」と回答。

「汚い部屋には行きたくない」、「掃除ができない女性とは結婚できない」というコメントが相次ぎました。

また、潔癖症の男性が増加傾向にあると言われる昨今、「部屋が汚いと我慢できない」という男性は多数。ちなみに、潔癖症の女性を選んだ男性の10人に1人ほどが、「自分も潔癖症だ」と答えています。

掃除能力は、男性の恋愛対象になれるかどうかについて、予想以上に大きなウェイトを占めているのかもしれません。

以上、「不潔だと知ってイメージダウンした女性芸能人」についてのアンケート結果をお伝えしましたが、いかがでしたか?

一度“不潔”というイメージがついてしまうと、なかなか払拭するのは難しいもの。好きな男性からは、清潔なイメージでいたいものですね。

【画像】

※ TOKYO, JAPAN - FEBRUARY 23: Shihori Kanjiya, Munetaka Aoki and Emi Wakui attend the NHK TV program ‘Chiritotechin’ press conference on February 23, 2008 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)