ストッキングのにおいが気になる!夏のムレ対策をご紹介

写真拡大

夏でも職場やフォーマルな場ではスッキングを着用するべき、というのは大人の女性のマナーのようです。しかし、夏の暑い日などは、どう考えてもストッキングに汗がたまってしまったり、においが気になりますよね。
そこで、今回はそんな夏のストッキングのにおい・ムレ対策をご紹介します。毎年この季節のストッキングは憂鬱だと思っていた方、ぜひお試しください。

■ そもそも、ストッキングのにおいの原因はなに?

そもそも、夏にストッキングのにおいが気になる原因は何なのでしょうか。それは、夏の温度の高さとストッキングのムレ(湿度)が関係しています。いやなにおいを発生させる細菌は、高い温度と湿度の高い環境を好みます。そのため、夏の汗をたくさん吸ったストッキングの環境は細菌をたくさん繁殖させてしまうのです。この繁殖した細菌たちが皮脂や肌の角質を分解することで、あのいやなにおいを発生させてしまうのです。

■ ストッキングのにおい・ムレ対策

◎ こまめに履き替える

では、このストッキングのいやなにおいや不快なムレは、どのように解消すればよいのでしょうか。まず一番効果的なのは、ストッキングを職場などでこまめに取り替えることです。少し面倒、と思われるかもしれませんが、ストッキングを取り替えることで、汗をたっぷり吸ったストッキングから一切汗を吸っていない状態の乾いたスッキングに変わるわけですから、当然においもムレもなくなります。細菌の発生を防ぐことにもつながります。また、履くストッキングに気を使うというのも、においやムレを防ぐのに効果的です。代表的なものが5本指ストッキングで、5本の足が独立していることから足の指と指の間がムレにくくなり、においの発生を抑えてくれます。

◎ 吸水性・速乾性の高いストッキングを選ぶ

吸水性・速乾性の高いストッキングを選ぶというのも重要です。汗をたくさん吸ってくれ、さらにはやく乾いてくれる素材は、菌の繁殖を防ぎ、においを防いでくれます。最近では消臭ストッキングという商品も発売されており、こちらもにおいには効果的です。抗菌作用がある材料が使われており、菌の繁殖を防ぎます。最後に、ストッキングを履き替えれない状況でどうしてもにおいとムレが気になる、というときには、トイレに駆け込み一度ストッキングを脱いでから、足に消臭スプレーしたりパウダーシートなどで足を拭いたりして、水分を取り除きましょう。ストッキングを替えるよりは効果が薄いですが、それでも充分ムレとにおいを解消する効果があります。

■ しっかりケアをしてにおいとムレから開放されよう

ストッキングのにおいとムレを解消する方法をご紹介させていただきました。こうしたお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・sou 編集:nanapi編集部)