作家・辻仁成さんが自慢のロングヘアをバッサリ! スッキリ新鮮な姿をTwitterで披露しているよ

写真拡大

芥川賞作家であり、現在はフランス・パリを拠点に創作活動を続けている辻仁成さん。

トレードマークともなったロングヘアを、このたび15センチもカット! スッキリとした新鮮な姿をTwitterで披露しています。

【ロングヘアをバッサリ!】

辻仁成さんといえば、そもそもまったく女性的なイメージはなかった方。それがあるときを境にロングヘアにチェンジ。雰囲気もとてもフェミニンな感じがあったため、当時ずいぶんと話題になったものです。

そんな辻さんが、今度はロングヘアをバッサリ……いったい何があったんでしょうか!?

【大きな心境の変化とか?】

何か大きな心境の変化があったのかと思いきや、8月25日の辻さんのTwitterにはこんなツイートが。

「パリ、36度。あまりに暑くて髪をばっさり切ってしまいましたよ。十くん、似合わないよー、と横で煩いんですが。」

髪を切った理由は、単純に「あまりに暑くて」ということのようです。“十くん”というのは息子さんですね。

【髪、15センチは切りましたかな】

続いて8月27日にはこんなツイート。

「撮影、十さん。髪、15センチは切りましたかな。もう結べない。すっきり。髪を短くしたら、気分が変わりました。まだ、慣れないけれど。笑。」

この「髪が結べなくなってスッキリしたけど、ちょっと心もとない」感じ、髪をバッサリ切った経験がある女性ならきっとわかるはず!

【父親として、作家として】

最近は息子さんへのおいしそうなお弁当やお料理でも注目を集める辻仁成さんですが、Twitterを見ていると息子さんへの愛情が本当にひしひしと伝わってきます。今回取り上げたツイートのどちらにも息子さんの名前が出てきますしね。

ロングヘアにイメチェンした際、「めっちゃかっこいい中性的なおじさんを目指します」と宣言した辻さんですが、子育てに関しても、母親、父親の固定概念にとらわれず、とても自由に楽しんでいるように見受けられます。

髪型ひとつをとってみても、そうしたジェンダーにとらわれないスタイルが表れているのかも。ひとりの父親として、作家として、どのような姿を見せてくれるのか。辻仁成さんから今後も目が離せません。

参照元:Twitter @TsujiHitonari
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

関連ツイートはこちら