30日、韓国の元慰安婦12人が韓国政府を相手取り損害賠償請求訴訟を提起した。中国・南京にある慰安婦記念館の展示。

写真拡大

2016年8月30日、韓国・ニューシスなどによると、韓国の元慰安婦12人が韓国政府を相手取り損害賠償請求訴訟を提起した。

元慰安婦が共同生活を送る「ナヌムの家」などによると、元慰安婦らは30日午後1時、韓国政府に対し1人1億ウォン(約910万円)の損害賠償を求める訴えをソウル中央地裁に起こした。元慰安婦らは、「韓国政府が憲法裁判所の決定により確認された違憲状態を除去するどころかその永続化を宣言し、自国の被害者に精神的・物質的損害を負わせた」と主張している。韓国憲法裁判所は11年8月、「韓国政府が日本政府の損害賠償責任を問うため1965年の日韓請求権協定第3条で定められた紛争解決手続きを進めないのは、被害者(元慰安婦)らの憲法上の基本的権利を侵害するもの」との判断を出していた。

また、元慰安婦らはこれまで求めてきた問題解決に向けた措置を韓国政府が取らなかったばかりか、「最終的・不可逆的解決」「国際社会における非難・批判の自制」「少女像(慰安婦像)に対する日本政府の懸念解決努力」との条件で日本と合意したとして政府を強く批判した。元慰安婦らは「日本政府に対しては法的責任を引き続き問う」とするとともに、「自国民の被害について救済を放棄した韓国政府の責任を問わないわけにはいかない」と提訴に踏み切った理由を説明した。

報道を受け、韓国のネットユーザーからも韓国政府を批判するコメントが多数寄せられている。

「これは政府が悪い。精神的にどれだけの苦痛を負ってきただろう」
「朴槿恵(パク・クネ)政権は韓国の恥だ。まるでドイツ政府がナチスを擁護しているようなもの。非難されてしかるべき」
「この政権は韓国の憲法よりも安倍首相の心証を重視している」

「国民を売り払う売国奴たちめ!訴訟に賛成!おばあさんたち、ファイト!」
「名誉毀損(きそん)でも訴えるべき」
「無能以上の卑屈、卑屈以上の売国外交をする最悪の政府だ」
「おばあさんたちはとうとう祖国と闘うのか。悲しい」

「国が自国民を保護するどころか政治に利用している」
「潘基文(パン・ギムン国連事務総長)も名誉毀損で訴えて」
「国が被害者に代わって日本を訴えてもいいくらいなのに、なんという恥ずべき訴訟…。やっぱりだてに“ヘル朝鮮”じゃないな」(翻訳・編集/吉金)