「年老いた高速道路」を救うために必要な3つのこと

写真拡大

1956年から建設がスタートしたアメリカの州間高速道路は今年、60歳の誕生日を迎えた。おめでとう、と素直に言いたいところだが、国のインフラをめぐる問題は山積みだ。悲しく年老いた高速道路にこれからも元気でいてもらうための、3つの提案を紹介する。

「「年老いた高速道路」を救うために必要な3つのこと」の写真・リンク付きの記事はこちら

アメリカの州間高速道路システムよ、誕生日おめでとう! 60歳にしては素敵な見かけだね、と言いたいところだけれど、実際はそうではないね。もちろん、成長はしている。1956年にアイゼンハウワー大統領が君を公式に許可したとき、君はわずかなアスファルトでしかなかった。それがいまではどうだろう! 実に47,662マイルの道路に、橋やランプが張り巡らされ、アメリカの戦後の拡張とその特別さを体現している。

でも友よ、君は問題を抱えている。2030年までに君は年間860億ドルの資金不足になる、と運輸省は予測しているのだから。しかもそれは、君のくたびれた道路や橋を機能するように保つためだけの分だ。実際にそれらをよりよくしようとすると、多ければ年間で1,500億ドルかかる可能性もある。

一方で、君はほとんどの資金を連邦ガソリン税で得ており、そのしくみは1993年以来更新されていない。そのほかから得られる資金は一定のものではない。そして、この国は成長している。たとえ君が昼寝でもして一休みしたいと思っても、たくさんの人々が君により多くのものを望んでいる。

ということで、君がまた元気な姿に戻るための3つのステップを考えてみる。

1. メンテナンスに注力せよ

2011年、輸送機関エコノミストのマシュー・カーンとデイヴィッド・レヴィンソンは、ある急進的な考えを打ち出した。もし国が新しい高速道路をつくることにフォーカスするのをやめて、すでにあるものを修繕すればどうだろう?というものだ。

長い目で見れば、これはかなりの額の節約になる。ガソリン税として国が得るお金の1ドルが道路のメンテナンスに費やされるたびに、政府は将来の修復のために4〜10ドル節約できることになるのである。

残念ながら、メンテナンスは魅力的ではない。輝く橋を新たに建てるためにお金を使ったほうが、修復用のアスファルトにお金を費やすよりも気分がいいものだ。それに政府関係者たちは素敵なテープカットの式典が大好きなので、小さな修繕のためにお金を優先的に使うのは、政治的にも厄介なのだ。しかし、そうすることは賢く現実的なことである。

いい知らせは、ほとんどの地域(特に都会には)新しい高速道路は必要ないということだ。君を大きくすることは、たいていの場合渋滞の改善にならない(日本語版記事)。国は、君に新しい塗装を施し、きちんと機能するようにすればいいのである。

2. 自律走行車と連携せよ

もしかすると君も聞いているかもしれないが、ロボットカーが普及しつつある。

自律走行車がどんなふうに高速道路システムに影響を与えるかは、まだよくわからない。アメリカ人はもっと仕事場から離れた所に住むことを選ぶかもしれないし、クルマで通勤している間に筋トレをしたりメールを送ったりするようになるかもしれない。クルマがより効率的になり、電気に頼るようになるにつれ、道路にはクルマが増えるようになるだろう。しかし、自律走行車を使うために以前ほどガソリン税はかからない。

テクノロジーによって、クルマが道路に話しかけ、両者が互いに協力し合うことが可能になるかもしれない。しかし、「テクノロジーには限界があります」と、カリフォルニア大学バークレー校の交通機関研究者スーザン・シャヒーンは言う。これが意味するのは、(自律走行車が普及することで)道はより一層混んで道路への物理的なダメージが増える一方で、君を補修してくれるお金は減る可能性があるということだ。

これはディストピアへの道のようだが、同時にわくわくするチャンスでもある。長い間、クルマが走ったマイルに基づいた税というものが提案されてきた。運転者がどのくらいガソリンを入れたかではなく、実際に運転した距離に基づいて人々に請求するのだ。少数の州がこれを実施しつつあり、オレゴン州、カリフォルニア州、北東部のI95号線沿いで、テストが行われたり予定されたりしている。

自律走行車の最もいい側面は、マイル数に基づく請求をこれまでになく簡単にすることだ。「いまや、それぞれのクルマがデータ計測器になっています」。シリコンヴァレーの交通マネジメント会社、Continental Intelligent Transportation SystemsのCEOセヴァル・オズは言う。

クルマは携帯電話やラジオを通じてより広い交通ネットワークにつながり、目的地までの最も効率のいい道についての情報を得ることができる。そして月末には、(走行距離に基づく)見積もりがドライヴァーに送られるようになるのだ。

3. 人々の信用を得よ

州間高速道路システムの誕生以来、地域コミュニティは国のお金の使い方に関して意義を唱え、地域の道路のほうが国のそれよりも重要だと主張してきたと、フロリダ・アトランティック大学の交通歴史家マーク・ローズは言う。何かが起こらない限り、政府の資金は常に口論の材料になるだろう。

しかし、もし人々がすぐにこの問題について議論を始めれば、その「何か」が起きる可能性がある──ワシントンの妥協だ。

交通の未来について話すことで、こうした争いは少なくなるかもしれない。「人々は、それこそが政府がすべきことだと考えているのです」とオレゴン出身の民主党下院議員で、元ポートランド運輸委員のアール・ブルメナウアーは言う。君に正しくお金が使われるようになれば、議会はきちんと仕事をしていると人々は納得できるだろう。

とにかく、誕生日おめでとう、悲しく年老いた州間高速道路システムよ。ぼくらには君が必要だ。ぼくらは君が大好きだ。しっかりしてね。

RELATED