“ここ一番”の3つの時期を乗り越えれば、子育ては上手くいく!   親がかけるべき言葉とは

写真拡大

子育ては、いつだって予想不可能な出来事の繰り返し。

たった二言で幸せに! 親が言うべき“魔法のフレーズ”

慣れないうちは、「私、こんな調子で大丈夫かな……?」と強いプレッシャーを感じてしまうことも多いですよね。

無駄に自分を責めないように、ちょっと視点を変えてみませんか?

今回は、カウンセラーであり一般社団法人自然治癒力学校代表理事でもある、『子供の脳力を引き出す ここ一番の言葉』の著者・おのころ心平さんから、心が軽くなるようなアドバイスを色々と教えていただきました!

おのころさんは、「子どもの成長の中で、ある3つの時期をちゃんとおさえておけば子育てがうまくいく」といいます。

この、ある時期とはいったい何なのでしょうか? そして、なぜうまくいくのでしょうか? 気になる詳細を、以下からお伝えしていきましょう。

なぜ小5・中2・高3が重要な時期なのか

ーーおのころ先生は著書の中で、小5の春、中2の夏、高3の秋がもっとも大切なコミュニケーションポイントであるとおっしゃっていますよね。この3つの時期が重要である理由は何でしょうか?

「まず、この3つの時期は、子ども自身の体が大きく変化する時期なんです。いずれの時期も、心臓が大きく成長します。心臓って、周囲との関係から自分自身が何者であるか?ということを決める働きがあるんですよ。

体の中の自分自身を決める働きをする心臓が大きく成長することによって、対外的にも自分自身のポジションについて強く意識するようになるのです。

例えば、中2の夏って、高校に向けて自分の進路を意識するようになったり、恋愛の話が出てきたり、周囲と違う道を歩むことや男女の違いなどを対外的に意識する時期なんですよ。

同じように高3の秋もこれから、自分自身の選択で人生を選択しなければならない時期で、人生の指針を求める時期です。」

ーーなるほど。確かに中2や高3って、身の周りの環境も大きく変化する時期ですよね。でも、小5ってそこまで大きく変化があるものなんでしょうか?

「そうですよね、実際そう考える人も多いと思います。

そこでご自身が小5の時を思い出して欲しいんですけど、学力とか運動能力とか人それぞれ差が出てきて、得意不得意に気づき始めるのってそのあたりだと思いませんか?

とくに女の子は、グループを作るなど、友達との関わり方も変わってきますよね。

実はその小5の春が一番重要で、最初に周囲と自分との違いを意識する時期なんです。

これら3つの時期は自分自身と向き合うために、嫌でも周りと自分を相対的に評価しなければいけなくなります。

自分自身の居場所に戸惑いを覚えて、子どもの成長の中でもとくに不安定。例えるなら、順調な成長のグラフがガクッと一瞬落ち込んでしまう……みたいな感じですね。」

3つの時期には子どもに安心を与えるべし

ーーその3つの時期の会話が大事、とのことですが、親は子どもに対して何をしてあげればいいのでしょうか?

「先ほども言ったように、この時期の子どもは自分の居場所に戸惑ったりして、不安定な状態にあるんです。とくに現代は情報もどんどん新しいものに変わっていくし、昔に比べて親自身もみんな忙しそうにしていますよね。

そこで親がしてあげることは、安心を与えてあげることです。自分自身を含め、たくさんのものが大きく変化を遂げる中で、やはり子どもも変わらないものに安心を感じます。

『あなたは変わっていくけど、お父さんとお母さんは変わらずあなたを愛しているよ』と伝えてあげることが大事。

足場がガタガタで不安定だと、上手に背伸びしたりジャンプしたりできないでしょ?

それと一緒で、不安を抱えたままだと上手に自分を成長させることができない。

その3つの時期に正面から子どもに向き合い、会話をすることで、成長の足場を提供してあげることが大切なんです。」

ーーもし、その時期にきちんと子どもと向き合うことをしなかったり、ずさんな向き合い方をしたりしてしまうと、結果として子どもはどのようになってしまうのでしょうか?

「安心感がなく、不安が内在化したまま大人になっていくんですよね。

自分ときちんと向き合えなかったことによって、自分が何者かわからないとか、自分が何をしたいのかわからない、という心の問題はその後の出会いとか恋愛とか、そういったもので乗り越えていく場合もあるのですが……。ただずっと不安を抱えていると、体に出てきちゃうことがあるんですよ。

実は僕が、20年以上カウンセラーをやっていて、最も感じたところがそれなんですよね。

心臓疾患だとか、自己免疫疾患のリウマチだとか、そういった症状の人の心を掘り下げていくと、潜在意識の中でずっと不安を抱えていたなんてことが多いです。」

親はいつも子どもという存在を楽しむべし

ーー心の問題だけだと思っていたんですが、体にも影響が出てきてしまうんですね……。親として、そういった重要な時期を逃さないための心構えって何かあるんでしょうか?

「逃さないための心構え……というのか、わからないけれど……。

今の子育てってものすごく正しさというものにこだわる印象があって、間違わないようにしなきゃとか、親自身がすごいプレッシャーの中で子育てしているように感じるんです。

でも、僕が思うに、子育てってどうやったって間違うことが多いんですよね(笑)。

逆を言えば、その3つの時期できちんと向き合ってあげれば、いつだって挽回できる。

子どもに親にしてもらっているという感謝を持って、いつでも一生懸命に子どもという存在を楽しむことが大切。その気持ちを持っていれば、おのずと子どもと向き合うべきタイミングは見えてくると感じています。

子どもって親が一生懸命に向き合ってくれた姿や、その時にかけてくれた言葉ってずっと覚えているものです。」

まとめ

日々情報が変化していき、親自身も子育てに対しての不安が多い現代。

しかし、いつでも変わらないのは子ども自身が大きく成長するタイミング。ご自身の小5の春、中2の夏、高3の秋を思い出してみてください。きっと今の子どもたちと同じく、自分の成長に戸惑い、不安を抱えていたはず。

今回インタビューした、おのころ心平さんの新刊『子供の脳力を引き出す ここ一番の言葉』は、親自身にも変わらないものへの安心感を与えてくれる1冊です。

「私ってダメ親だな……」と落ち込む前に、手に取ってみては?