写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ZMPは8月30日、ルネサスエレクトロニクス(ルネサス)の車載向けSoC「R-Car」を搭載した1/10スケール実験車両「RoboCar 1/10 R-Car パッケージ(仮称)」の開発を開始したと発表した。

「R-Car」は車載情報端末向けSoCとして25000DMIPS 以上の高性能を実現し、PowerVRアーキテクチャ高性能グラフィックスコアG6400 を採用。ルネサス独自の画像認識コアIMP-X4の搭載により、OpenCV に対応している。

「RoboCar 1/10」は、自動車の1/10 スケールの筐体に、外界センサーとして単眼カメラ、赤外線センサー、レーザレンジセンサー(オプション)を搭載、加速度・ジャイロセンサー、エンコーダにより車両の挙動や走行距離を把握することができる。また、開発環境として各種センサー情報の取得、速度・操舵角制御、通信などのライブラリが用意されている。

今回発表した「RoboCar 1/10 R-Car パッケージ」は、RoboCar 1/10に、「R-Car」を搭載した評価ボード「ADAS スタータキット」を搭載。同パッケージを用いることで、PCと接続してプログラム開発を行い、すぐに自分の作ったアプリケーションを確認することができる。今回、R-Carの搭載により、新たに複数のカメラから周囲の物体を検出するアプリケーションが開発できるため、走行を行うアプリケーションをRoboCar 1/10上で開発することで、障害物を回避しながら走行するといったアプリケーションを省スペースで実験することが可能となる。

ZMPは同製品について「自動運転や運転支援技術の研究開発における実車を用いる前段階において、また、建機・農機・移動ロボットにおける自律移動や遠隔操作のための要素技術の研究開発において、手軽に実験が可能な研究開発ツールとしてご活用頂けます。本製品は、2017年3月の販売開始を予定しております。」とコメントしている。

(神山翔)