仏像の螺髪(らほつ)をイメージした福耳つき「らほつニットキャップ」が発売に

写真拡大

株式会社フェリシモのお寺カルチャーコミュニティー「フェリシモおてらぶ」から、お寺文化に親しめるオリジナルグッズとして、仏像の螺髪(らほつ)をイメージした「らほつニットキャップ」が登場した。

仏さまや仏像で見る特徴的な頭髪、螺髪(らほつ)。この螺髪をイメージしたニットキャップが、その名もズバリ「らほつニットキャップ」である。福耳のような耳パーツをおろし、前髪をかくしてかぶれば、なりきり仏像スタイルに。逆に耳パーツをボタンで留め、前髪を出してかぶれば、おしゃれなニットキャップとして楽しめる。

色は蓮華(れんげ)レッド、石像(せきぞう)グレイ、作務衣(さむえ)ネイビー、塑像(そぞう)アイボリーの全4色。なりきるためにはグレイが断然オススメだ。

サイズはフリーサイズでの展開で価格は2,916円(税込み)。

お届け開始時期は2016年9月中旬からであるが、石像グレイは注文が集中しているため、現在すでに入荷待ち。11月中旬以降のお届けで予約を受け付けている。

他にも「フェリシモおてらぶ」では、般若心経をイラストで表現した「絵心経マスキングテープ」(691円[税込み])、10分間のプチお香タイム楽しめる「スキマ香」(756円[税込み])も発売している。

なお、9月13日からスタートする特別展『平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち』(東京国立博物館 本館特別5室)とフェリシモおてらぶがコラボレーションしており、展覧会限定カラー「光背(こうはい)マスタード」を加えてのらほつニットキャップ全5色、櫟野寺オリジナル写仏セット、スキマ香・櫟野寺バージョンを展覧会特設ショップにて限定販売も行う。

お寺好きの方はもちろん、一味違うファッションを楽しみたいという人はぜひチェックしてみては?

ちなみにお寺好きの人へのギフトにも最適であることにちなみ、『教えて!goo』では「ギフト&プレゼントにおすすめのアイテムを教えて!」という質問と寄せられたさまざまな回答も紹介中だ。ぜひこちらもご覧いただきたい。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)