お酒の席での気まずい沈黙を破ってくれる人工知能「カールスロイド」

写真拡大

居酒屋やバーなどで友達、会社の同僚とお酒を飲みながら話すのは楽しいですよね。しかし、どれだけ盛り上がっていても急に沈黙してしまうことってありますよね。誰が悪いわけでもないのに、なんだか気まずくなってしまい場の空気が重たくなって、せっかくの雰囲気が台無しに…。そこでAutomagi株式会社と株式会社読売広告社が共同で、会話中の沈黙を破る人工知能「カールスロイド」を共同で開発しています!

■ 酒場で成長・活躍するカールスロイド

世界150か国以上で愛されるビールブランド「カールスバーグ」。日本での製造・販売はサントリーが行っており、「カールスロイド」はそのプロモーションとして開発しています。限定公開を6月に行い、一般公開は2016年末を予定。カールスロイドは「カールスバーグのあるところに、退屈な時間は流させない」を掲げ、酒場で沈黙が発生すると、その場にふさわしい話題を提供してくれます。

■ カールスロイドの特長

◎ 会話を学習する人工知能

話題の提供をするために酒場で膨大な会話を学習しています。いつでも会話が途切れても対応できるように会話を常にリスニングし、会話の流れを把握しているのです。

◎ 5秒の沈黙で起動

会話以外の環境音を基準値に設定しているため、騒がしい店内で沈黙を的確に検知。5秒以上の沈黙が続いたら「カールスロイド」が起動し、話題を提供してくれます。

◎ 会話の流れを理解して発言

「カールスロイド」は、直前の会話の内容を分析し、どんな話題について話しているかを理解します。そのため、会話の流れに沿っていて、かつ最も適した話題を提供し、楽しい空気を「カールスロイド」が作り出します。

■ デートでも大活躍!?

気になる人とのデートでお酒を飲んでいても、あんまり会話がはずまない、話題を間違えたというときに「カールスロイド」がいることで、空気を変えてくれます。また、カールスロイドをネタにしてもいいかもしれませんね。

(image by PR TIMES)
(著:nanapiユーザー・のこりうどん 編集:nanapi編集部)