(C)影山理一/ マイクロマガジン社・奇異太郎少年の妖怪絵日記制作委員会

写真拡大

 強い霊感を持つ主人公「奇異太郎」と、彼の霊感に引き寄せられて姿を現すあらゆる妖怪たちとの日常を描く新感覚ホラーギャグコメディ漫画『奇異太郎少年の妖怪絵日記』。同作のテレビアニメ化が決定し、2016年10月から5分のショートアニメとして放送されることが明らかとなった。これには「うええええ! これは楽しみ!」「アニメ化マジ!? 奇異太郎大好きだから絶対見る!」とファンから興奮の声が上がっている。

 WEBコミックサイト「マンガごっちゃ」、「コミックライド」にて大人気連載中の同作。物語は、主人公の「奇異太郎」が立ち入り禁止の蔵に入ったことから本宅を追い出され、“離れ”に住むように命じられることから始まる。そこで座敷童子の「すず」と出会い、同棲生活(?)がスタートするのだが、霊感の強い奇異太郎のもとには妖狐、雪女、雪娘など、様々な怪異がやってくる。怖くない怪異たちとの普通じゃない日常が始まり――。

 おかしな妖怪たちとのやりとりがコメディータッチで描かれている同作は、「絵柄が可愛い!」「怖くなくて笑っちゃう怪異マンガって新鮮で楽しい」「ギャグセンスが大好き!」「ドタバタ感が最高です! 家族で回し読みして楽しんでるw」「奇異太郎が妖怪たちを全然怖がらないで日常を過ごしているのがなんかツボ!」と大好評の声が聞かれる。

 また、同作の人気は魅力的なキャラクターにもあるようだ。まず主人公の「奇異太郎」は、「霊感美少年」を自称する少年。強い霊力を持ち、物怖じせず、好奇心旺盛な性格で、妖怪たちとも別け隔てなく接する。読者からは「奇異太郎のマイペースさが面白い!」「妖怪も驚くほどの身体能力を備えているところがカッコいい」と人気が高い。

 そして奇異太郎が住み始める前から離れに住みついていた座敷童子の「すず」。何かと世話を焼く奇異太郎の幼馴染のような存在で、奇異太郎の住む“離れ”周辺の顔役である。「奇異太郎に掃除当番として任命されたのに裏でサボったりしてるところが可愛い」「ヴィジュアルがとにかく可愛くて妹にしたい!」と見た目の可愛さと、ちゃっかりした性格が好評を博している。

 北の山に住んでいる「雪母(雪女)」は身も凍るような冷たい眼差しと、罵詈雑言を浴びせてくる子持ちのドS。冷たいキャラでありながら、意外と奇異太郎を気にかけている優しいところもあり「雪母に冷めた目で見られたい(笑)」「実は温かい心を持っているのが垣間見えるのがたまらない!」と熱い支持を得ているようだ。

 雪母の娘である「雪娘(雪ん子)」は体が弱く、遊んでいるとすぐに熱が上がり倒れてしまうというひ弱な少女。純粋だが、ときおり母親譲りのドSな面を見せることも。「肌が白くて目がくりくり、儚い雰囲気でSっ気もあるとかめっちゃ萌える!」と、萌え要素が人気を集めている。

 また、人間の女性の姿に化けている「狐面の女(妖狐)」は妖怪が人間にちょっかいをださないよう見張る仕事に就いているのだが、その抜群のプロポーションに「結婚したい!」「妖狐のようにエロかっこよくなりたい〜」「奇異太郎のこと好きなところが可愛くて素敵」と憧れる女子が多いようだ。

 そんな個性的なキャラクター達が繰り広げるドタバタな日常がテレビアニメで見られるとあり、ファンからは「朗報!朗報! 放送始まったらそれを楽しみに毎日頑張れる!」「めっっっちゃ楽しみ! 10月まで待てないよ〜!」「やばいー! これは録画しなきゃ」と興奮の声が上がっている。

 ちなみに監督は、団地に住む5人兄妹のほのぼのとした日常を描く人気TVアニメ「だんちがい」のプロデュースを務めた“ひらさわひさよし”が担当し、キャラクターデザインを大人気アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス2」の作画監督を務めた今岡律之が、アニメーション制作を「OZMAFIA!!」や「おじさんとマシュマロ」を手がけた「Creators in Pack」が担当する。実力派の制作陣に「これは絶対面白くなるはず!」「キャラデザ今岡さんとか最高!」と期待が高まっているようだ。

 また、同作は2016年9月30日(金)に最新8巻が発売される。通常版に加えて限定版も用意されており、限定版特典として数量限定で「奇異太郎少年の妖怪絵日記 ヒット祈願お守り」が付いている。奇異太郎とすず、雪娘のかわいいイラストが描かれたキュートなお守りとなっており、アニメ視聴の際に手に握り、奇異太郎のヒットを願えば“何かいいこと”が起こるというからぜひ手に入れたい。

 アニメの公開日や声の出演などまだ詳細は明らかとなっていないが、実力派制作陣によって魅力的なキャラクターたちの活躍がどう描かれるのか、8巻を読みながら続報を楽しみに待とう!

■TVアニメ「奇異太郎少年の妖怪絵日記」
放送開始:2016年10月
放送局:TOKYO MX、サンテレビ
原作:影山理一
監督:ひらさわひさよし
シナリオ:WORDS in STEREO
キャラクターデザイン:今岡律之
アニメーション制作:Creators in Pack