写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ZMPは8月30日、市販1人乗り用小型EV車ベース自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MV2」に自動運転システム用オープンソフトウェア「Autoware」を搭載した自動運転車両「RoboCar MV2 Autoware 基本パッケージ」の販売を開始すると発表した。

Autowareは名古屋大学を中心に開発されている自動運転システム用オープンソースソフトウェア。RoboCar MV2にレーザーレーダー、カメラなどの環境センサーを搭載し、自動運転ソフトウェアとしてAutowareを実装することで、自車位置や周囲物体を認識しながらカーナビから与えられたルート上を自律走行することが可能となる。

ZMPはセンサーの選定および車両への搭載、AutowareのインストールとRoboCar MV2のチューニングを行い、テストコースでの走行テストを行った上で自動運転システム実験車両として納品する。また、要望に合わせて技術サポートサービスを提供する。価格(税別)は1260万円〜。

(神山翔)