ヴィヴィアン・ウエストウッドがラッパーデビュー?歌詞で環境問題を訴え

写真拡大

 デザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)が、ラッパーMic Righteousが発表した新曲の冒頭部分で、環境問題に言及したラップを披露した。 ヴィヴィアン・ウエストウッドがラッパーデビューの画像を拡大

 Mic Righteousの新アルバム「Dreamland」の収録曲「Be There Feat. Vivienne Westwood and Tone」は、ヴィヴィアン・ウエストウッドのラップでスタート。「知識人たちよ、いまこそ団結すべき時。いまこの瞬間も、氷は溶け続けている。水圧破砕法(フラッキング)によってメタンが流出する。油よりも水の方が大切。人間が捨てたプラスチックのゴミによってアホウドリが死んでいる」とラップし、環境保全の重要性を訴えた。