大谷翔平の打者専念でもたらされるさまざまな福音

写真拡大

 相手チームの監督の立場になって考えてみてほしい。

 もし日本ハム・大谷翔平と対戦する際、彼が投手として1試合だけ出場するのと、打者として3試合にフル出場するのではどちらが嫌だろうか。

 大谷翔平の二刀流に対する論争は尽きることがない。しかし、ここではあえて大谷が打者に専念した場合のメリットについて考察してみたい。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■現在パ・リーグ「ひとり旅」 歴代でも王・松井クラスのOPS!

 8月24日現在、大谷の打撃成績は打率.343、19本塁打、51打点。そして、出塁率.446、長打率.644、OPS(出塁率+長打率)1.090という見事な数字を叩きだしている。

 本塁打と打点を除けば、規定打席未到達ながら他の部門すべてパ・リーグのトップクラス。とくに、得点との相関関係の深さで近年重視されているOPSの1.000超えは、パ・リーグでは大谷だけ。セ・リーグでも山田哲人(ヤクルト)と筒香嘉智(DeNA)の二人しかマークしていない。

 ちなみにOPSの通算記録は、1位が王貞治(元巨人)の1.080、2位が松井秀喜(元ヤンキースほか)の.996。あらためて大谷のすごさがうかがい知れるだろう。

■出場するたびに光る「三番目の武器」。チームに勝利をもたらす走塁!

 大谷は現在7盗塁と、こちらも2ケタが見えてきた。大きなストライドで加速するその走塁は、投打に勝るとも劣らない武器だ。

 単打性の打球を足で二塁打にしたり、一塁走者から長打で本塁に生還するシーンは今季、おなじみの光景。大谷の後を打つ中田翔の打点のうち、大谷の走塁のおかげというものがけっこう含まれている。

■打順固定による打線の安定化とローテ飛ばしの危機回避

 二刀流の弊害のひとつが、打順の流動化。今季の前半は、大谷が先発しないカードでは大谷が主に3番か5番を打ち、先発するカードでは別の打者がクリーンナップをつとめた。「猫の目打線」は珍しいことではないが、カード毎に主軸が変わるのは打線の安定につながらない。

 また、投手起用における最大の懸念はケガによるローテ回避。とくに大谷の場合は、大事なカードを任される場合が多いためにリスクも大きい。

 もちろん投手としての大谷を見たくないといえば嘘になる。しかし、大事なのはチームの優勝。そのためには栗山監督の言葉通り、「勝つために最善の策を考える」ことが最優先なのだ。

文=サトウタカシ (さとう・たかし)

【関連記事】