女性はより積極的で、男性はより受動的? 仕事における男女差の真実

写真拡大

男性と女性では職場での姿勢に違いがあることは、これまで複数の研究によって示されている。たとえば男性はよりリスクを取り、出世や昇給を求める傾向が強いのに対して、女性はよりチームの一員として仕事をする傾向が強い。

だがそうした違いの多くは、生物学的な特徴に基づくものではない可能性が十分にある。それよりも、男性と女性は、社会がそれぞれに期待する役割に沿って行動している可能性があるのだ。

「火星と金星」論の誤り

ベストセラー『男は火星から、女は金星からやってきた』の中で、著者のジョン・グレイは、男性と女性では世界の受け止め方が異なり、その結果コミュニケーションをとる上で多くの困難が生じると結論づけた。彼の考え方を圧倒的に支持する声は多いものの、幅広い研究は、彼の主張の多くが誤りであることを証明している。

心理学者のジャネット・シブリー・ハイド博士は研究によって、男性と女性は心理学的にはむしろ似ていることを発見した。彼は性別による違いに関する過去の研究や複数のベストセラー著書、評判になった雑誌記事を検証。その結果、男性と女性が型にはまったパターンに陥る傾向があるのは、生物学的な違いが理由ではなく、男性と女性は大きく違うという記事や報道を「信じている」からだと結論づけた。

個人の性別を隠して行われた研究では、参加者たちは型どおりのパターンには陥らなかった。女性はより積極的、男性はより受動的だったのだ。

ハイドはまた、性別による差は年齢によって変化するとも指摘。両者の違いは生まれながらのものではなく、男性と女性の果たす役割は環境によって決まると主張する。

期待値の差が原因?

男子と女子の数学力は幼いうちは差がないが、高校になると男子の方がやや優位に立つ。これは生物学的な理由ではなく、社会的な期待が理由である可能性がある。

たとえば当初発売されたティーン・トーク・バービー(お喋りするバービー人形)が販売中止になった理由は、バービーの喋る言葉に「数学って難しい」というものがあったからだった。女子は数学ができない、という決めつけを定着させると批判されたのだ。

息子と娘では、親の期待値も異なることが多い。ハイドは、娘の学業成績に対する親の期待値は、息子に対する期待値よりも低い傾向にあることを発見。彼女の研究では、親が子どもの数学の成績に抱く期待と、その子どもの成績には強い相関関係があるという結果が占めされた。

固定観念が邪魔をする

こうしたステレオタイプが、仕事の世界で”自己実現的予言(予言したという事実がその実現をもたらす)”に変わる可能性が高い。たとえば子どもを持つ女性は出張を伴う仕事をしたがらないとか、女性は営業活動で男性ほど積極的ではないという、誤った思い込みや決めつけなど、ちょっとした先入観が蓄積されて、女性のキャリアに悪影響を及ぼしているのかもしれない。

研究によれば、男性も女性も、男性の上司を好む傾向がある。調査会社ギャラップが成人1,032人を対象に実施した調査では、上司の性別について回答者の33%が男性がいいと答え、女性と答えたのは20%だった(46%はどちらでもいいと回答)。ビジネスにおいて女性に否定的な見方があることが、上司は男性の方がいいという概念を定着させている可能性は十分にある。

性別をめぐるステレオタイプを認識するだけでも、正しい方向への一歩になり得る。より客観的な評価基準を設けることも、性別に関係なく優秀な人材が出世するようにする上で助けになり得るだろう。

性別をめぐる固定観念は、組織全体に損害を与えることになる。能力のある女性に、その力を発揮するチャンスを与えなければ、組織の競争力が損なわれる可能性がある。