【チョコミン党】セブン限定・コールドストーンのチョコミントアイスをガチレビューだ!

写真拡大

先日Pouchでもお伝えしました、セブンイレブン限定で発売される、コールド・ストーン・クリーマリーとコラボしたチョコミントアイスバーの「クランチーチョコミンスター」。

チョコミン党の私は、いてもたってもおれず発売日前から近所のセブン‐イレブンをフラフラ。昨日フライングゲットしてまいりましたのでレビューしたいと思います。

【緑のパッケージがミント感出ていて涼しげ】

パッケージはクランチーチョコミンスターの画像の上に大きく「コールド・ストーン・クリーマリー」のロゴが配されたもの。全体的には緑のカラーでまとめられていて、ミント感が感じられて涼しげです。

今回、注目しているのは次の2点。「コールド・ストーン・クリーマリーのお店で食べるアイスの感じを、どのぐらい再現できているのか」と「チョコミントアイスとしてはどのぐらいおいしいか」です。

【食べるところで食感・味わいに違いが……】

コールド・ストーン・クリーマリーといえば、「アイスクリームとトッピングを混ぜる」のが特長。それをどのようにアイスバーで再現するのか? なかなかむずかしそうですが……。


食べてみてまず思ったのが、とにかくチョコの存在がスゴい! ミントアイスに混ぜられたチョコチップ、中央部分にある生チョコレート、アイスをコーティングするココアクランチ入りのパリパリチョコレートと3種類の異なるチョコレートがふんだんに使われているんです。
よって食べる箇所によって柔らかかったり、生チョコがあったり、パリパリだったり……チョコのいろんな味わい、食感が楽しめるところがコールド・ストーンっぽいといえるかも!

【ミント感が若干おさえめかも】

ただ、それだけチョコが贅沢に使われているぶん、チョコミントアイスとして見るとミント感は若干おさえめに感じられました。

私のように甘すぎるのは苦手、ミントの爽快な感じが好きという人には、ミント感が少し物足りないかもしれません。

【お値段250円は妥当?】

とにかくチョコたっぷりで、1本食べた後はかなりの満足感! 特にクランチのザクザク感は歯ざわりが楽しくて、どんどんと食べ進められる感じです。

チョコミントが苦手な理由としてよく挙がる「スースー感」についても、そこまでミント感を強く感じなかったので、そのぶん幅広い人にウケるアイスバーに仕上がっているのではないでしょうか。これでお値段250円(税込)は妥当に感じます。

チョコミン党の皆さんだけでなく、「ミントが強すぎなければチョコミントアイスも食べたい!」「チョコアイスには目がない」という人にもオススメしたいアイスバーです!

参照元:コールド・ストーン・クリーマリー
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る