ATMで「iPodを使った盗撮事件」が発生 / カードも出てこなくなるらしい

写真拡大

世界中のどこにでもあるATM 。キャッシュカードを入れて、暗証番号を入力するだけでお金を引き下ろすことができるのだから便利なものだ。しかし暗証番号が他人に知られてしまえば、一巻の終わり。偽造カードが作成され、お金は引き出されてしまう。

この度、イギリスのATM で「iPod を使った盗撮事件」が起こったという。iPod が ATM にコッソリ設置されており、人々の暗証番号を盗み取ろうとしていたのだ!

・ATM から不審な iPod が!

『Manchester Evening News』が報じた今回の事件。マンチェスターのスーパーマーケットに設置された ATM から、不審な iPodが発見されたそうだ。経緯はこうだ。

・ATM からカードが出てこない?

1人の男性が、問題の ATM を利用した。いつも通りカードを入れ、暗証番号と金額を入力したところ、ATM からカードが出てこなくなってしまったというのだ。

「ATM から、カードを排出しようとする音は聞こえてきたのですが、カードが出てこなかったんです」と男性はその時の状況を語る。不審に思った彼とその友人が、ATMを詳しく調べてみたところ、iPod Nanoを発見したのだった。

・iPod nano が ATM に固定されていた

iPod nano が隠されていたのは、ATMの上部のすき間。暗証番号の入力パッドが撮影できるように、カメラを下向きにした状態の iPod Nanoが、テープで固定されていたのである。

また男性たちが iPod nano を見つけたとたんに、外に停まっていた不審な車が走り去ったそう。

男性は「車の中にいたのが犯人。ATM からカードが出せないように細工し、盗撮した暗証番号で金を引き出そうとしていたのではないか」と考えているようだ。

・iPod nano に残っていた映像

その後、駆け付けた警察によって、ATM からカードが取り出され男性に返却された。

問題の iPod nano には、犯人が ATM に細工をする場面から、男性がお金を引き出そうとする場面までの約15分間が録画されていたのだった。ちなみに男性の前に ATM を使った人はいなかったとのことで、一安心だ。

日本でも、ATM 盗撮で情報が盗みとられ、預金が引き出される被害が起こっている。海外でも日本でも、ATM を使用するときには十分注意したい。被害にあいかけた男性は、外から見られないように、いつも片手で覆って暗証番号を入力しているらしいぞ。

参照元:Manchester Evening News(英語)、Twitter @MetroUK
執筆:小千谷サチ

関連ツイートはこちら