『バイオハザード:ザ・ファイナル』ティザービジュアル

写真拡大

ミラ・ジョヴォヴィッチがシリーズを通して美しきヒロイン・アリス役を演じ、ローラの出演も話題のシリーズ最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』。この映画が12月2日〜4日に幕張メッセで初開催される「東京コミックコンベンション 2016(略称:東京コミコン)」に、メイン作品として出品されることが決定した。

ミラ・ジョヴォヴィッチ扮する美しきヒロインの肩も露わな場面写真解禁!

今回は、劇中で実際に使用された貴重な小道具や衣装をソニー・ピクチャーズのブースで展示されるほか、主人公アリスを演じるジョヴォヴィッチからは「シリーズ最終章だから見逃さないで!」と日本のファンに向けた動画メッセージが寄せられた。

「東京コミコン」はシリコンバレーから初上陸する世界最大級のポップカルチャーイベント。マーベル・コミックの編集委員であり、マーベル・メディアの名誉会長をつとめ、『スパイダーマン』や『X-メン』といったコミックの原作者としてアメリカ漫画業界に変革をもたらしたスタン・リーと、アップル共同創業者の1人であるスティーヴ・ウォズニアックの2人によるプロデュースで今年3月に開催し、6万人を動員した「シリコンバレーコミコン」と提携。日本で初めての「コミコン」として、いよいよ開催となる。

本イベントではコミコンを代表するコミック界の重鎮スタン・リーの来日(予定)や、人気キャラクターヴォーカロイドによる実況ステージ、最新技術を使った様々なゲーム体験、またハリウッドスターとの撮影会やサイン会、マニア向けレア物グッズ展示、海外コミックアーティストやアニメーターの作品紹介、コスプレエリア、テクノロジー企業によるデモンストレーション、日本各地の「食」をテーマにしたエリアなど、ジャンルや国境を越えて、東京でしか味わえないエンターテインメントを体感できる機会になりそうだ。