フィギュアスケートの羽生結弦選手が昨年末、国際大会で獲得した3つの得点が、ギネス世界記録に認定された。(Getty Images)

写真拡大

 フィギュアスケートの羽生結弦選手(ANA所属)はこのほどギネスワールドレコーズジャパンから、昨年末国際フィギュアスケート大会で獲得したショートプログラムなど3つの得点をギネス世界記録と認定された。

 認定されたのは、昨年12月10〜12日にスペイン・バルセロナで開催された「ISUグランプリファイナル国際フィギュアスケート選手権大会2015年」において、羽生選手が獲得した過去最高となるショートプログラム(110.95)、フリープログラム(219.48)、総合得点(330.43)の3つの得点だ。

 ギネスは8月22日に行われた公式認定書授与式で、出席した羽生選手に対して「フィギュアスケート(男子)ショートプログラム最高得点」、「フィギュアスケート(男子)フリープログラム最高得点」、「フィギュアスケート(男子)総合最高得点」と3つの認定書を渡した。

 羽生選手は今後自分の記録更新を挑戦していくとコメントした。また、リオ五輪で日本人選手の活躍について大きな刺激を受けたとし、1年半後に開催される平昌オリンピックでいい記録を残せるようとの意気込みを示した。

(記者・許羽文、翻訳編集・張哲)