(fotolia)

写真拡大

 皆さんは毎日どれくらい水を飲んでいますか?毎日の水分補給は健康維持に欠かせませんが、水分を十分に摂らないと太ってしまうことはご存知ですか?最新号の「家庭医学年鑑」(Annals of Family Medicine)に掲載された研究報告によると、毎日の水分摂取量が少ない人は、多い人より肥満になるリスクが50%高くなるそうです。

 米国ミシガン大学の研究チームは、18歳から64歳までの9528人に対して、それぞれの飲食習慣、水分摂取量、尿の濃度を調べて体内の水分レベルを測定しました。その結果、33%の被験者の体内水分量が不十分であることが分かり、彼らのBMI値は水分を十分に摂っている人より高いことがわかりました。

 チームは、体内の水分レベルと体重の関係は明確ではないが、空腹と喉の渇きを感じることから、十分な水分補給をしていれば体重増加を防止するのに役立つと説明しています。

 では、どれくらいの水を飲めばいいのでしょうか。年齢、体重、活動量によって異なりますが、一般の成人は飲料と食物を通じて、1日2.7〜3.7リットルの水分摂取を必要としています。

 また、いつ水分補給をすればいいのでしょうか。喉の渇きは体が水を欲しているというサインですが、同時に、疲労感を覚えたり、注意力が低くなったりします。人々は往々にして、これらが空腹または一般的な疲労だと勘違いして食事を摂ってしまいがちですが、そうではないと同チームは指摘しています。

 体内の水分レベルを知る方法の一つとして、研究チームは尿の色をチェックすることを勧めています。色が透明〜薄い黄色であれば、体内水分レベルは十分であることを表しています。色が黄色もしくは茶色掛かっていたら、多くの水分補給が必要なサインです。

  私たちは呼吸、発汗、排尿の度に多くの水分を失っているので、随時水分補給を行い、体内の水分レベルを理想的な水準に保ちましょう。

(翻訳編集・潤)