写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アクティブソナーは8月30日、「インターネットにおける中古品の購入」に関する調査の結果を発表した。同調査は8月19日〜20日、個人間取引の利用経験がある20〜40代の有職者男女442名を対象に、インターネットで実施された。

「中古品の購入に慎重になる価格帯」を聞いたところ、31.4%で「1万円以上」が最も多くなった。次いで「5,000円以上」(23.4%)、「3,000円以上」(18.1%)。以降、「5万円以上」(10.4%)、「3万円以上」(9.3%)と続いた。

「中古品を購入検討できるカテゴリ」を質問したところ、53.4%で「自動車」が最多に。次いで「不動産」(43.7%)、「アパレル(服・靴)」(38.7%)、「ブランド品(高級ブランド)」(37.1%)。以降、「雑貨」(36.7%)、「家電」(33.7%)と続いた。

「オークションサイトやフリマアプリを利用して、購入しても良いと思える商品カテゴリ」を聞くと、最多は「雑貨」(55.0%)だった。次いで「アパレル(服・靴)」(44.8%)、「家電」(30.1%)。以降、「ブランド品(高級ブランドのバッグや小物など)」(22.2%)、「貴金属(金やダイヤなど)」(9.3%)という結果となった。