スイーツみたいな「甘酒」見つけた!ダイエットにも使える最強ドリンク

写真拡大

 まもなく9月だというのにまだまだ暑い毎日が続いていますよね。暑いとついつい、甘いドリンクを口にしたくなりますが、砂糖入りのドリンクを飲むと体はますます疲れていくばかり。

 そこでオススメしたいのが、「飲む点滴」といわれるほど栄養バランスに優れている甘酒。

 昔ながらの製法で丁寧に作られた甘酒は、栄養成分も成分バランスもまさに点滴に匹敵するというパーフェクトな飲み物なのです。

 甘酒の栄養については、以前にもお伝えしましたが、その実力が知られるようになったおかげか、今年はよりバラエティに富んだ甘酒が手に入るようになりました。

※【参考記事】夏バテ防止には甘酒!美容関係者の間で話題の「発酵ドリンク」を飲み比べてみた http://joshi-spa.jp/115761

 そこで今回は、全国の甘酒を飲み比べてみたオススメの2種と、効果的な飲み方についてご紹介したいと思います。

◆三朝温泉の『スイーツ糀あまざけ』が激ウマ!

 オススメ甘酒のひとつめは、藤井酒造の『スイーツ糀あまざけ』です。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=577099

 この甘酒は割と甘いのですが、それがとっても品のいい甘さで、後味がとても爽やかなのですよ。最初に飲んだとき、余りにも美味しくて、一緒に飲んでいた友人と、「もう一杯」とお代わりをしたほど。

 たくさん飲んでも苦しくならず、良い感じに吸収されていくのか、飲んだ後は体もお肌も潤ったように感じました。

 新橋にある鳥取と岡山のアンテナショップ「とっとりおかやま新橋館」で出会ったのですが、感動したので蔵元さんにお電話で製法を伺ったところ、「吟醸酒と同じ製法で米を半分くらいまでぜいたくに削って作っている」という話(蔵元の藤井酒造合資会社さん、以下同)。すっきりとした甘さの秘密は、ぜいたくさにあるようです。

 もちろん、砂糖などは加えず丁寧に糀から作っていますから、甘さは健康にいい甘さです。私は氷を入れてぐびぐびとそのまま飲んでしまうのですが、「しょうがを混ぜたり、抹茶を入れたり、コーヒーに入れるのもオススメだ」とか。

 人気商品なので、HPに商品は記載されていませんが(製造が間に合わないらしい)、ファックスで個別注文を受けているとのこと。さらに、上記のアンテナショップでも購入することが可能です。

●とっとりおかやま新橋館 http://www.torioka.com/
●藤井酒造合資会社 http://www.shokokai.or.jp/50/3136410001/

◆玄米甘酒『玄気の舞』は力強い味わい

 続いては、衝撃的な色がなんとも頼もしい鮎正宗酒造の妙高『玄気の舞』。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=577100

 こちらは見た目通りに凄く力強い味わいで、かつヘルシーなのですよ。印象的な色の理由は、玄米から作っているからで、お米の滋味がもれなくここに集約されているのです。

 食感も力強いのでストレートを水で割って氷を足して飲むのが基本ですが、なにかと合わせても凄く合う!

 私はアイスコーヒーにミルク代わりに入れて飲むのが習慣になってます。

 この甘酒で試すまではコーヒーと甘酒は合わないと思っていたのですが、この甘酒だとくどくないので、コーヒーとも意外に合うし、甘味が緩和されてちょうどいい味わいになるんです。

 インスタントコーヒーでも濃い目に入れてこの甘酒を加えると、香り豊かになってエスプレッソにミルクを入れたようになる。

 また、豆乳に入れて飲むと、少しヨーグルトドリンクぽくなり、それはそれで美味しいです。

 さらに、本物のヨーグルトにトッピングすると、米粒を食べる感じになりボリューミーに。ブルーベリーなどフルーツも足すと後味の良いデザートにもなります。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=577101

 ちなみに私の友人はいま、ヨーグルト甘酒ダイエットに挑戦しているのですが、発酵食品をダブルで取ることで腸が整うのか、便秘が解消されたといってました。

●鮎正宗酒造「玄気の舞」 http://www.ayumasamune.com/genkinomai/index.html

 いずれもたくさんいただいても、体に負担が少ないせいなのか、飲んだ後苦しくならないのが、良い甘酒のいいところだと思います。

 また、ご紹介したような“本物”の甘酒はノンアルコールなので、朝からぐびぐび飲んでも安心です。天気予報によると、今後もまだしばらくは暑い日が続くようですが、上手に栄養補給をして、涼しげな美人を目指そうではないですか。

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ>