【下鴨神社×チームラボ】幻想的な光の空間

写真拡大

こんにちはCHIEです。先日、日帰りで京都へ行ってきました。今回の目的は京都のパワースポット「下鴨神社」。

■ この記事の完全版(全画像付き)を見る

下鴨神社は今年、21年に1度の式年遷宮を終え、その記念として9月30日(水)まで本殿内が特別公開されているのです。世界遺産にもなっている下鴨神社の本殿を拝観できるなんてまたとないチャンス!
本殿内は撮影禁だったのですが、建物は立派で神々しく、また本殿内には案内係のおじさんが神様のお話しをしてくださり、その話がとても面白くて良かったです。

下鴨神社に行く際には、同じ「糺の森」の敷地内にある河合神社もオススメ。なんとこちらの神社、日本一の美人祈願で有名なんです!そのご利益を求めて参拝者は女性が圧倒的に多く、しかも若い女性がたくさん来ていました。
こちらでは少し変わった「鏡絵馬」が人気です。鏡の形になっているこの絵馬は、美しい女性になれるよう願いを込め、自分の化粧品でメイクして奉納するんです。もし化粧道具がなければ神社で用意されているクレヨンや色鉛筆でもメイクアップはできます。ちなみに絵馬にお化粧をする”お化粧室”もちゃんと用意されています!

河合神社のご利益は今後に期待して(笑)、日が暮れてもまだまだ見どころがあります!実は今回のメインはライトアップ!!!!

現在、糺の森では期間限定で夜のライトアップを開催中ということで、初日は全国からたくさんの方が駆けつけていました。
すごい行列!!!境内のライトアップは19時から始まるのですが、17時くらいから列ができていて、皆さん待ちきれない様子でした。

すっかり日も沈んで真っ暗になると、いよいよ点灯開始。パワースポットでもある緑豊かな糺の森が、夜になるとこんなにも幻想的な姿に。
「呼応する木々」というタイトルで、人や動物が近づくと光の色を変化させ、風のように次々とその光が広がっていく仕組みになっています。参拝者からは思わず「きれい・・・」と声が漏れるほど。

そして、神社の境内には光の球体!!球体に触れたり衝撃を受けたりすると色が変化し、その色特有の音色を響かせていました。

「呼応する木々」「呼応する球体」というタイトルの通り、自然と一体化した気持ちになり、とても感動しました!歴史を刻んできた神社と、現代のデジタルアートが織りなす神秘的な光の空間は一生の思い出に残りそうです。

ライトアップ期間は8月31日(水)まで。「呼応する球体」は土日のみ開催となっております。みなさんもぜひ、生でこの感動を味わってみてください!

2016年8月17日(水)〜8月31日(水)
会場:下鴨神社(賀茂御祖神社)
ライトアップ時間:18:00〜21:30
入場料:無料

(スピリチュアル占い師 CHIE)

※すべての画像は元記事をご覧ください。(元記事は下部の関連記事からご覧いただけます。)