惜しくも優勝は逃したが、首位をキープしたイ・ボミ(撮影:ALBA)

写真拡大

<メルセデス・ランキング>
 国内女子ツアー競技の各大会での順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、年間を通じての総合的な活躍度を評価するメルセデス・ランキング。昨年より1位(LPGAメルセデス最優秀選手賞)の選手に、翌シーズンからの3年シードを付与される。
“ボミスマイル”を見るなら特選フォトギャラリー!
 
 国内ツアー「ニトリレディス」を終えての最新ランキングが発表され、同大会を2位で終えたイ・ボミ(韓国)が首位をキープ。ランキング2位の笠りつ子が同大会でイ・ボミを破ったため、約10ptボミとの差を縮めた。
 ボミは「スタンレーレディス」までの大型連戦が控えており、出場ポイントをしっかりと稼ぐことが見込まれている。このまま順当に2年連続MVPへと突き進むのか、好調の笠りつ子を始めとする他の選手が待ったをかけるのか。次戦「ゴルフ5レディス」での戦いが注目される。
【メルセデス・ランキング】
1位:イ・ボミ(433.5pt)
2位:笠りつ子(395.0pt)
3位:キム・ハヌル(357.0pt)
4位:菊地絵理香(302.0pt)
5位:申ジエ(296.5pt)
6位:渡邉彩香(282.0pt)
7位:吉田弓美子(282.0pt)
8位:鈴木愛(277.0pt)
9位:西山ゆかり(238.0pt)
10位:ペ・ヒギョン(232.5pt)
 

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞】 “どんな状況でも気持ちよく振る”笠りつ子は、唯一のボミキラーか!?
イ・ボミが疲労困憊でも8連戦するワケ
笠りつ子が賞金ランク2位浮上!“ストップ・ボミ”の一番手に
ツアーで見つけた旬ギアネタ【ニトリレディス 編】
続々追加中!女子プロ写真館