9月3日は睡眠の日(ぐっすりの日)。睡眠ホルモンと母乳の関係と日本人の睡眠時間について考察

写真拡大 (全6枚)

3月18日と9月3日、春秋2日ある睡眠の日。2011年に、精神・神経科学振興財団と日本睡眠学会とが協力して年に2回定め、3月18日は、世界睡眠医学会が「世界睡眠の日」としており、9月3日は「ぐっすり」の語呂合わせからきている。

■誰もがもっている睡眠ホルモン「メラトニン」
メラトニンは、体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれている。つまり、眠りや目覚めをコントロールする成分。メラトニンは、睡眠・覚醒をコントロールするホルモンで、母乳にも含まれている。

雪印ビーンスタークの母乳研究で分かってきたことは、母乳中のメラトニン含量は、昼間よりも夜間に大幅に高くなる日内変動のリズムがあること。このように昼夜で母乳の成分が異なることは、赤ちゃんの睡眠・覚醒リズムの発達にも関わっていると考えられている。

■母乳中のメラトニンが昼と夜では大きく変化するって本当!?

母乳中の成分が昼と夜では大きく変化する。赤ちゃんにとって理想的な栄養源である母乳は、ママの生体から分泌されるため、その量や成分は一定ではない。

そこで、母乳の成分が1日の中でどのように変動しているのかを調べてみると、特に夜間の母乳で大きく増加したのが睡眠を調節するホルモンであるメラトニン。個人差もあるが、最大で昼夜の濃度差が35倍もあったとのこと。また、就寝時刻が遅いママほど夜間の母乳中メラトニン濃度が低く、昼夜の差が少ないことも分かった。

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜の区別なく、短い時間で寝たり起きたりを繰り返すもの。この睡眠・覚醒リズムは、母乳を栄養源に脳や神経系が成熟するとともに形成されていくので、授乳期のママは、普段の生活習慣にも気を配りたいものだ。





■授乳期の母親が生活習慣を整えることが、夜の母乳中メラトニン濃度の変動に寄与すると考えられている

雪印ビーンスタークの母乳研究により、母乳中のメラトニン含量は、昼間よりも夜間に大幅に高くなる日内変動のリズムが、このように昼夜で母乳の成分が異なることは、赤ちゃんの睡眠・覚醒リズムの発達にも関わっていることが分かってきている。睡眠をしっかりとって重要なホルモンのバランスを整えよう。





■雪印ビーンスターク

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」がサービスを開始
・「Doc Popcorn」が「初音ミク -Project DIVA-」と初コラボ。オリジナルブロマイドをプレゼント
・「THE KING OF FIGHTERS XIV」の発売を記念してNEO・GEOサウンドトラックをアマゾンで独占先行配信開始
・リンクス、「MaBeeeで体験、作って動かすティラノサウルス工作教室」を開催
・JCG、PC版Overwatch国内大会オフライン決勝戦「JCG Master 2016 Summer Finals オフラインファイナル」を開催