英のビーチで警官がブルキニ姿の女性を注意したら…社会実験の結果とは?

写真拡大

ブルキニの着用が禁止されていないイギリス。

そのビーチで警察官がイスラム教徒の女性に注意するとどうなるか、を示した社会実験の動画が公開されている。

警官が水着を脱ぐよう注意

これが撮影されたのはエセックスにある、サウスエンド=オン=シーという町のビーチ。

まずは警官に扮した男性が、ブルキニを着た役者の女性に接近。

「どうか立ってください。水着の頭の部分を外してもらっていいですか」と彼女に言葉をかけた。

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

さらに警官は女性に「ビーチでそれを着るのは許されていません。あなたはテロリストのように見えますよ。それを着ているとあなたが虐げられているようで、恐ろしいです」と注意した。

すると役者の女性は怒ったふりをして「私は脱ぐつもりはありません!私には着たいものを着る権利があります。私が他の水着を着た人とどう違うというの?これは人種差別的な捜査でしょ!」と反論。

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

他の女性らも集まり警官を非難

やがて警官が無理矢理、女性の頭から水着をはぎ取ろうと試みる。

彼女は身体を反らし「ちょっと!私に触れないで!」と声を上げた。

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

するとこの様子を見ていた女性2人が警官に接近。

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

警官に対し「あなたにそれを行う資格はないわ。それはテロリストが着ているものじゃないでしょ」と反論した。

さらにイスラム教徒の女性や、それ以外の女性らもぞくぞくと集結。

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

「彼女はムスリムだけど、宗教で人を差別してはいけないでしょ!あんたに、そんな権利はないはずよ!」などと強い口調で非難した。

「これが本当でなくてよかった」と安堵

もはや収拾がつかなくなったため、ここでネタばらし。

怒っていたイスラム教徒の女性は安堵しながら「これが本当でなくてよかった。思わず泣きそうになっちゃったわ」と語っている。

YouTube/Trollstation

YouTube/Trollstation

現在ドイツでは、プールなどの公共の場において通常の水着に限って利用を認めるとし、ブルキニの着用を禁止しているという。

またフランスでは過激主義への警戒心や政教分離、イスラム教徒の社会統合の観点から、ブルキニ着用を「イデオロギー的挑発」とみなし「公共の秩序に支障をきたす」「フランスの価値観に反する」として、ニースやカンヌなど複数の自治体で禁止措置が取られた。

一方でイスラム教の支援団体などは「顔を隠さないブルキニは合法だ」「単なる差別」として抗議。フランスの国務院も26日にビルヌーブルべという町での着用禁止を、「基本的自由を侵害する深刻かつ明確な違法行為」にあたるとして凍結する決定を下した。

イギリスでも以前、ブルキニ禁止は理不尽だとし、ロンドンのフランス大使館前で抗議デモが行われた。

そもそもイギリス国内ではブリキニ着用が認められているため、今回の動画で見られた女性たちの反論はもっともなのだが、この映像は着用禁止に反対する意見が根強いことを示しているのではないだろうか。