あま〜いフルーツトマトがたっぷり♪ 農園直営カフェで味わう、新鮮素材で作ったトマトスイーツ

写真拡大

富山県高岡市にある「農園kitchen moriy(キッチンモリー)」は、トマト農園直営のカフェ。目の前の農園で育てられたトマトをたっぷり使ったパフェやフレンチトーストなどのスイーツが話題を呼んでいます。

家族で営むトマト農園「森田農園」直営カフェ

北陸自動車道「小杉IC」から車で10分、のどかな田園地帯の中に「農園kitchen moriy」はあります。家族で営むトマト農園「森田農園」直営のカフェです。
「トマトの新たな料理方法、美味しさを再発見してもらいたい」と、農園のとなりに2年前にオープンしました。
さまざまな品種のトマトを使い、新鮮なトマトを美味しくいただけるとあって、多くのお客さんが訪れているんですよ。

「森田農園」では、なんとトマトにモーツァルトの音楽を聴かせて栽培しているそう。より元気に美味しく育つと専門的にも実証されているのだとか。実際にハウスを訪れると、優雅に音楽が流れていましたよ。

木の温かみを感じるログハウス風の店内

ログハウス風の店内は、壁、床、色塗りは自分たちで行ったそう。家族みんなで協力して作り上げたとあって、温かみがあふれています。
窓の外には、のどかな田園風景が広がります。ランチメニューで提供している米も、自家米の「コシヒカリ」。自然豊かな環境ならではの、新鮮食材の数々ですね。

新鮮なフルーツトマトをたっぷり使ったスイーツ

「トマトパフェ」(880円)は、オリジナルのトマトソフトクリームに、トマトチーズクッキー、トマトコンポート、トマトジャムなど、まさにトマトづくしの一品。地元富山の農家で作られたブルーベリーも添えられ、甘いフルーツトマトとよく合います。
「フレンチトースト」(800円)は、ふわふわのフレンチトーストにトマトソフトクリームとトマトコンポートが添えられた、こちらもトマトを存分に味わえるスイーツメニューです。

トマトをたっぷり楽しめるランチも

「プレミアムトマトパスタ」(前菜・ドリンク付き 1480円)は、この夏新しく考案されたランチメニュー。“シシリアンルージュ”という品種の調理用トマトを使った、濃厚な旨みたっぷりのソースが決め手です。前菜は、近隣の農家で作られた野菜に自家製ドレッシングを合わせ、新鮮な味わいを引き立てています。

「森田農園のトマトジュース」(単品580円)がセットで付けられるのもうれしいですね。
トマトジュースは、フルーツトマトを25個も使っているというから驚きです。甘く飲みやすいスッキリとした味わいで、スイスイ飲めてしまいますよ。ぜひおためしあれ。

「森田農園のトマトジュース」や焼き菓子は、販売もしているので、おみやげにもオススメですよ。

トマト農園直営ならではの、新鮮な料理があじわえる「農園kitchen moriy」。仲睦まじい家族で営んでいるからこその、素朴で優しい気持ちになれるメニューの数々です。
心まで穏やかで健康になれそうなトマト料理を味わいに、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

ことりっぷの最新記事