足のむきみにも効果があるとは

写真拡大

江戸時代に高利貸しが貧乏人から取り立てる際に足をカタカタとゆすることから名付けられたという「貧乏ゆすり」。子どもの頃に「下品だからやめなさい!」と叱られた人も多いだろう。

ところが最近、貧乏ゆすりの健康効果が次々と明らかになっている。「健康ゆすり」と呼ぶべきだという研究者もいるほどだ。

熊本地震で死者が出た「肺塞栓症」を予防する

近年、長時間座りっぱなしでいることが健康に良くないという研究が相次いでいる。特に問題になっているのが「肺塞栓症(はいそくせんしょう)」(通称エコノミークラス症候群)だ。飛行機のエコノミークラスで長時間狭い椅子に座った状態でいると血流が悪くなり、血液が固まる。この固まり(血栓)が、椅子から立ち上がり血液の流れがよくなった途端、肺の血管に達して詰まらせ、突然死を引き起こす場合がある。2016年4月の熊本地震では、車中泊を続けた避難者の中に、この病気で死亡する人が多く出た。

太ももは「第2の心臓」と呼ばれる。大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という強大な筋肉が走っており、貧乏ゆすりで足をカタカタ動かすことによって大腿四頭筋がポンプのように足の動脈を伸縮させ、全身に血液を行き渡らせるのだ。

2016年7月、米ミズーリ大学のジャーム・パディーラ助教授が、学生に貧乏ゆすりをしてもらい、動脈の働きを測定した研究を米の生理学専門誌に発表した。健康な若者11人に3時間椅子に座ってもらい、その前後の血管機能を比較した。座っている間、片方の足を1分間カタカタと動かし、4分間休むことを繰り返し、もう片方の足は動かさないようにした。被験者は平均で1分間に約250回足を動かした。

被験者の両足には血流を測る装置を装着して計測した。貧乏ゆすりをした方の足の血流は盛んになったが、動かさなかった足の方は逆に血流が減少した。パディーラ助教授は「立ったり歩いたりして、できるだけ座り続けないことが大事だが、それが無理な場合は、貧乏ゆすりをすることが循環器系の健康にはいい」と語っている。

貧乏ゆすりをよくする人は死亡リスクが4割低い

もう1つの研究は、2015年9月に英国のロンドン大学とリーズ大学が発表したものだ。37〜78歳までの女性1万2778人を対象に、1日に座っている平均時間と貧乏ゆすりの程度を調べ、12年間にわたり追跡、死亡率との関連を分析した。貧乏ゆすりの程度は、「まったくしない」から「いつもしている」まで10段階で評価した。

その結果、貧乏ゆすりの程度が上がるにつれ死亡リスクが下がり、貧乏ゆすりがレベル5(頻繁に行なう)以上で座位時間が5〜6時間だと、レベル1〜2(ほとんどしない)で座位時間が7時間以上の人に比べ、死亡リスクは37%も低くなった。貧乏ゆすりのレベルの高い人は、肥満度を示す体格指数(BMI)や血糖値、インスリン反応などの健康数値がよかったという。

研究チームでは「貧乏ゆすりによって体のエネルギー消費量が高くなり、足の血液循環がよくなるからだ」と説明している。

日本のテレビ局でも貧乏ゆすりの効果が取り上げられている。2012年6月25日放送のテレビ朝日系「モーニングバード」(当時)では、筋肉研究のエキスパートである宮崎義憲・東京学芸大学名誉教授が、足のむくみの解消に効くことを実演した。スタジオで、足のむくみに悩む3人の主婦に5分間、貧乏ゆすりをしてもらった。すると、むくみがすっかりなくなり、貧乏ゆすりをする前と後ではふくらはぎの周囲の長さが、0.5〜2.6センチ細くなった。

宮崎名誉教授は「足のむくみは、じっとしていることで体内の水分や血液がふくらはぎ周辺に溜まってしまうために起こります。貧乏ゆすりをすることで、それらを心臓に押し戻し、むくみが改善されるのです」と説明した。さらに番組では、貧乏ゆすりとウオーキングではどちらの方が筋肉の運動量が多いかも実験した。スネの部分は大差がなかったが、ふくらはぎ部分は貧乏ゆすりの方が圧倒的に運動量は多いという結果が出た。「スゴイですね!」とキャスターの石原良純さんはビックリ。

寝る前の「貧乏ゆすりエクササイズ」は5分まで

さて、宮崎名誉教授が著書の『太ももを強くすると「太らない」「超健康」になる』の中で、寝る前にオススメの「貧乏ゆすりエクササイズ」を書いているので紹介しよう。貧乏ゆすりの正しいやり方はこうだ。

(1)椅子に坐り、背筋を伸ばしてリラックスする。

(2)ひざを上下に大きく、一定のリズムで動かす(1秒間に3回)。

(3)一日の終わりに(寝る前がベスト)に片足を5分間ずつ行なう。

(4)貧乏ゆすりでなくても、ひざを開いてゆする方法も有効だ。

むくみだけではなく、冷え性にも効き、早い人なら1週間でつらい冷え性が改善するという。ただし、効果を期待して、長くやりすぎるのは禁物。筋肉の運動量が意外に多いので、興奮して眠れなくなるからだ。