一歩先行くスノボの楽しみ方。「ARゴーグル」がスポーツを変える!?

写真拡大

「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)をスノーボード用のゴーグルに組み込んだもの。

まずは動画を見てもらうとイメージしやすいでしょう。

スノーボードとARの相性が
こんなにいいなんて!

最近では、首都テルアビブに若いクリエイターが集まっているとも言われるイスラエルで開発されたRideOnゴーグルは、テック系のプロダクトにありがちなメカっぽい形ではなく、ファッショナブルなところも好印象です。

道に迷わないよう、進むべきルートを教えてくれたりもします。漫画『宇宙兄弟』に出てくる月面のナビのようなこの機能は、安全面から見ても先進的です。

スマホと連携して、一緒に遊ぶ友人の情報を見ることができたり、あらかじめ入力してあった簡単なメッセージをやりとりすることもできます。「私についてきて」「どっちに行こうか?」「ロッジで落ち合いましょう」など。

映像撮影はもちろん、さらに自分の見ている映像をインターネットを通じて遠くの友人にライブ配信、なんてことも可能です。

気温、高度、風速、心拍数などの表示といった、多くの多機能ゴーグルが備えている性能も持ち合わせていますし、他にもリフトやレストランの情報も表示できます。

操作が簡単なのも大きな特徴のひとつ。なんと、頭を動かすことで中心にある小さい十字を操作することができます。ボタンを押す必要もありません。

もしあなたの好きなスポーツで
ARが使えるとしたら?

さらにRideOnでは、このウインタースポーツゴーグルをきっかけに、様々なスポーツにAR機能を取り入れていきたいとか。たとえばバイクでは、前を走る速度や燃料残量、ライダーの名前など。スノーボードにあったナビ機能が、とても便利そう!

他にも自転車やボート、パラグライダー、スカイダイビング、サバイバルゲームなどでも速度や、地図や高度といった情報は多くの役に立つと同時に、スポーツをより安全に、より楽しむことができるでしょう。

Google Glassを皮切りに、AR×アイウエアの技術が進んでいますが、とくにスポーツの世界では、気温や高度、滑走スピードの表示やログの記録ができるものも登場しています。しかし「Ride On」は、それらよりも一歩先を見据えた「ソフト」に注力したプロダクトだと言えるかもしれません。

Licensed material used with permission by Ride On Vision