「錯覚を生み出す家具」の魅力

写真拡大

置いたものが浮かんだように見える棚、壁から飛び出しているように見える小物置き、斜めに傾いているように見えるが実際には水平なテーブル。ウクライナのデザイナー、ディミトリー・コズィネンコがつくる「錯覚を利用した家具」シリーズを紹介。

SLIDE SHOW 「「錯覚を生み出す家具」の魅力」の写真・リンク付きの記事はこちら
07-kozinenko8-1-1024x768

2/7IMAGE BY DMITRY KOZINENKO

06-kozinenko6-1-1024x768

3/7横から見ると、そのしくみがわかる。
IMAGE BY DMITRY KOZINENKO

03-kozinenko4-1-1024x768

4/7「Sunny」シリーズは、壁から飛び出しているように見える。
IMAGE BY DMITRY KOZINENKO

02-kozinenko1-1-1024x768

5/7「Coin」と名づけられたテーブルは、斜めに傾いているように見えるが、実際にはテーブルの表面は水平だ。
IMAGE BY DMITRY KOZINENKO

04-kozinenko3-1-1024x768

6/7棒が棚を貫通しているように見える。
IMAGE BY DMITRY KOZINENKO

05-kozinenko2-1-768x1024

7/7「Asteroid」シェルフ。
IMAGE BY DMITRY KOZINENKO

Prev Next

意表をつかれると、不思議に愉快な気分になるものだ。だからこそ、サプライズや手品は好まれる。目の錯覚を利用したトリック画像も人気だ。

ウクライナのキエフで活動するデザイナーのディミトリー・コズィネンコは、見事な錯覚を生み出す棚「Field」をデザインした。高さ約180cmのこの棚は何本もの細い金属チューブで出来ており、正面から見ると、まるでモノが空中に浮かんでいるように見える。

横から見れば、金属チューブが曲げられていて棚を安定させつつ、錯覚効果を生み出していることがわかる(ギャラリー#3)。

コズィネンコはクリミア出身の30歳。彼は手がける作品の大半で、一風変わった視覚効果に挑んでいる。本人によれば、創作におけるそうした方向性は、天文学や科学への関心から生まれているという。現在はキエフにある建築事務所Soesthetic Groupで働いているが、もともとはグラフィックデザインを学んでおり、そういった背景も、家具をデザインする際の美的感覚の基礎になっていると彼は話す。

コズィネンコがデザインした「Sunny」シリーズのテーブルや棚は、スチールが45度斜めの角度で飛び出しており、実在しない影をつくり出している。また「Coin」と名づけられたテーブルは、斜めに傾いているように見えるが、実際にはテーブルの表面は水平だ。

彼の作品にはすでに販売されているものもあるが、大半はまだ試作品だ。Fieldもいまだ構想段階であるものの、「一流」家具メーカー2社が興味を示しているという。色は黒かグラデーションになる予定だ。

試作品であろうとなかろうと、コズィネンコの作品が人目を引くものであることは確かだ。それに、普通の目の錯覚とは違って、彼の作品は、デザインの秘密を知ったとしてもその魅力が損なわれない。それこそが、コズィネンコ作品の素晴らしい「トリック」なのかもしれない。

RELATED