中国でビジネスをする日本人や日本企業にとって、不安定な日中関係や反日感情は大きなリスクと言える。だが、こうしたマイナス要素にも負けず、成功を収めているのは近年販売が好調な日系車だろう。中国メディアの牛車網は24日、反日感情というマイナス要素があるにも関わらず、中国の中古車市場で日系車が人気である理由を考察している。

 記事は、中古車市場において日系車が人気である理由の1つは消費者の考え方にあると説明。中古車市場の消費者は「経済性と実用性」を重視するため、「信頼性と実用性の高さはすべての中国人が知っている」という日系車に人気が集まるのだと論じた。

 さらに「日系車はドイツ車と比較しても故障が少ない」と説明。そのため反日感情を持っていたとしても、中国の多くの消費者たちは「不本意ながらも」日系車を買うことになるのだと説明し、「日系車は日本政府よりも信頼できるのは確か」と中国人消費者たちの気持ちを代弁した。

 中国の中古車市場で日系車が値崩れせず、反日感情を持つ中国人の消費者たちにも人気であるという評判は、日系車の新車の購入を考える中国人消費者に対してもかなり強力なセールスポイントになるに違いない。一定額以上で下取りしてもらえることがわかっていれば、日系車を新車で購入するうえでの大きな動機になる。

 さらに中国人消費者たちが「不本意ながらも」、つまり愛国心と葛藤しつつも日系車を買うと記事が説明している点から、日系車が信頼性と実用性で中国人消費者たちの心をとらえていることが見て取れる。日系車の品質の高さが不安定な日中関係や反日感情という逆境を跳ね返したのだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)