『嫌われる勇気』をはじめ、ビジネスマンの高い関心を集める「アドラー心理学」。この狷餡鬚奮慳筬瓩髻∋纏やコミュニケーションで具体的に生かす方法を伝授!

◎人間の悩みはすべて対人関係の悩み

 昨年から続く「アドラー心理学ブーム」が衰えを見せない。仕事や人生に悩みは付き物、と理解はしながらも、悩みを和らげるのに役立てたいと、アドラー心理学関連の本を手に取る人が多いそうだ。確かにアドラー心理学をイチから理解するのは難しい。そこで、読者から寄せられた様々な悩みを、アドラー心理学の専門家・岸見さんと、コミュニケーション講師・戸田さんにぶつけ、その解決策を指南してもらった。「人の悩みはすべて対人関係の悩み」と説くアドラー。そのココロとは?


哲学者・岸見一郎さん
1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科満期退学。京都聖カタリナ高校などで教鞭を執る。『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)ほか著書多数。

コミュニケーション講師・戸田久実さん
立教大学卒業後、大手企業勤務を経て研修講師に。官公庁はじめ多くの団体・企業で講演を行なう。著書に『アドラー流 たった1分で伝わる言い方』(かんき出版)。

■アドラーって何者?

アルフレート・アドラー

「自己への執着を他者への関心に切り替えよ!」

アルフレート・アドラー(1870年〜1937年)は、オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。ジークムント・フロイト、カール・グスタフ・ユングと並ぶ心理学の3大巨頭のひとりと言われている。67年の生涯を通じ、研究、カウンセリング、講演・執筆活動を行なう。過去に受けた心的外傷(トラウマ)を否定し、「人は変われる」などと説いた教えは、世界的ベストセラー『人を動かす』(デール・カーネギー著)、『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著)などの世界的ベストセラーに影響を与えたことでも知られている。

得意先や営業先とのつきあい方《渉外編》

会社の利害が絡むだけに、自分を押し殺して相手に合わせざるを得ない。ストレスがたまりやすい状況をどう打破するか。

Q. そもそも人見知りの性格です。(食品メーカー・営業・35歳)

A. 相手の期待感を満たすことを意識してはいけない

対人関係を恐れる多くの人は、他者から承認されることを期待しがち。他者の「こんな人であってほしい」という期待をなぞっていませんか? 承認欲求を否定し、どう思われるかを気にかけず、自分の責任で行動しましょう。(岸見さん)

Q. 取引先からダメ出しばかりされる。(薬品メーカー・営業・40歳)

取引先からダメ出しばかりされる。

A. こういう言い方をする人もいる、と割り切ろう

不当に批判や攻撃をする相手なら、まともに反論をせず、過度に落ち込むこともせず、「こういう言い方をする人もいるんだな」と、客観的な視点で割り切ってしまってもいい。解決策を見つけたいなら、一度冷静に話し合ってみましょう。(戸田さん)

Q. 自分はブサイク。容姿で判断されているのでは?(流通・接客販売・36歳)

A. 劣等感を言い訳にしても何も解決しません

「低学歴だから出世できない」など、AだからBできないという論理を「劣等コンプレックス」と言い、これがあると現実的な努力を回避しがち。どんなことであれ、努力しないための言い訳を持ち出してはいけません。(岸見さん)

Q. 都合のいいことばかり言ってしまい、後から後悔する。(マスコミ関連・企画・39歳)

都合のいいことばかり言ってしまい、後から後悔する。

A. 「NO」と答えることに対する苦手意識を払拭しましょう

まず、「NOと言ったら嫌われる」という苦手意識は払拭してください。そして自分の中で何がOKで何がNOなのかを明確に。相手に「NO」と伝える時、「なぜNOなのか」を明確に説明すれば、建設的な話し合いができます。(戸田さん)