【幼稚園】“営業戦略”に惑わされないで! 「幼稚園選び」の最重要ポイント

写真拡大

命より大切なわが子を小学校入学までの3年間、預ける幼稚園選びって大切です。

もうすぐ幼稚園! 元教諭に聞いた、スムーズに始めるために今からやっておくべき事

そこで、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子がそのポイントをお伝えします。

幼稚園と保育園の違い

保育園は保育に欠ける子を育成する厚生労働省管轄の児童福祉施設、先生の呼び方も“保育士”です。

一方、幼稚園は文部科学省が管轄する教育施設で、担任の位置づけは“教諭”です。

保育所保育指針と幼稚園教育要領があり、それにのっとって保育、教育をしています。

「教育施設」である幼稚園と「児童福祉施設」として主に就労している親のために存在する保育園。

けれども、最近は完全給食や夕方や夏休み中も子どもを預かってくれる保育園に人気が出てきている地域も多くあり、園児獲得のため延長保育や夏季休暇中の保育など保育園的要素を積極的に取り入れている幼稚園もたくさん出てきています。

惑わされない! 幼稚園側選びで大切に考えたいこと

例えば…

完全給食
平日の午後、土曜日、夏休み、冬休み、春休みの延長保育。また、延長保育の時間内で習い事を園内に設置(いわゆる午後の課外教室)
保護者会なし、役員を保護者が担わない
スクールバスを園児の家の近くまで走らせる

上記の冒頭、“保護者の負担をなくすため”のフレーズを付けてみると「サービスが行き届いているわ」と思います。確かにこれらで親は楽できます。

しかし、反対の視点から見てみると…

給食……小学校になれば完全給食(私立ではお弁当のケースもありますが)親のお弁当を食べることができる貴重な黄金の時代が奪われる。

お弁当だとまだ好き嫌いの多い時期に子どもの食事量などについて管理しやすい。
延長保育・午後の課外教室……親との接触時間が少なくなる
保護者会がない。役員決めなどない……園と協力して行事を行う楽しみが減る
スクールバスで通園……毎日、担任と顔を合わすことがなく子どもの様子を伝えたり、園側から聞くことが出来ない

特に最後のスクールバスについて。

私は仕事柄園長と話すことが多いのですが、園側も

「スクールバスを利用している保護者は徒歩で送迎する保護者と比べて会話する機会がなくなる。

ひどい場合は年に数回の保護者会や運動会でしか会わない保護者もでてくる。コミュニケーションが取りづらい」

とぼやいています。

連絡帳で“家庭より・担任より”の記入欄はありますが、実際に登園時、降園時に保護者と担任が顔を合わせて会話できる環境に勝るものはありません。

また、家の近くに送迎ルートがあったとしても、園の場所が遠くて子どもが毎日往復2時間も園バスに乗るという状況であればちょっときついかもしれませんね。

園のバスは観光バスではないのでシートが豪華だったり快適に過ごせる作りにはあまりなっていないように感じます。

以上4点は魅力的なポイントですが、園選びの最優先の条件と考えるのは止めましょう。

「子どものための園選び」であり「ママが楽するための園選び」ではないことをお忘れなく!

また、パッと見た目で「いい園」と思ってしまうことがありますが、よく観察しましょう。これらも園選びの最優先ポイントにしないようにしましょう。

(これらが一番重要ではない!)

制服が可愛いかどうか 立派な遊具があるかどうか 園庭が広いかどうか

園選びの最重要ポイント

それよりも大事なポイントが下記4点です。

掃除が行き届いているかどうか 質の高い先生が揃っているか 保護者と職員が連絡を取りあう手段があるか 安全であるかどうか

一つひとつ、なぜそれが大事なのか見ていきたいと思います。

1.掃除が行き届いているかどうか

“ブロークン・ウィンドウ現象(=壊れ窓理論)”という言葉があります。壊れた窓や落書きを放置していると「誰も注意を払っていない」ことになり、それらがますますひどくなる、治安が悪くなるという意味です。

園のホームページにやパンフレット、ポスターに“思いやりの心・優しい子を育てる“と立派な教育理念が掲げられていても、実際、見学に行った時、こんな状態だったらどうでしょう。

段ボールが玄関に山積みである。
11月なのに10月のカレンダーが貼ってある。
昨年のお正月の干支の置物がまだ置いてある。
来客用スリッパが湿っていて臭う。
玄関の隅に砂埃が残っている。
掲示物を貼り付けているテープが黄ばんでいる。
クラスにより整理整頓、清掃のばらつきがないか。

(掃除が担任まかせになっている園の場合、担任によって清掃状況に差が出ているケースもあります。

これは園長の職員教育がきちんと出来ていないことを表し、教育にもばらつきが生じている可能性を考えられます)

ぜひ、トイレを借りてください。そして上を見上げてください。

万一、換気扇に埃がびっしり付いたまま、冷暖房の見えないフィルターも埃まみれになったままであっては、アレルギーがあるお子さんなどは特に不安ですよね。

園舎が古かろうが新しかろうが、関係なく、整理整頓、掃除をきちんとしている園を選びたいものです。

2.質が高い先生が揃っているか

“教育は人なり”で職員の質は大事です。

入園申し込み前に、見学に出かけてじっくり観察しましょう。チェックポイントは下記です。

先生の表情、笑顔があるか。
躾をしっかりしているか。
叱ってばかりいないか。
職員の挨拶の仕方、電話のかけ方もとり方など園児の手本になるような立ち振る舞いをしているか。
出来る子、出来ない子も含めて特定の子どもだけを相手にしていないか。

3.保護者と職員が連絡を取りあう手段があるか

親と園側の様々なコミュニケーションツールが用意されているかどうかです。

お便り帳があるか
園便り、クラス便りが年何回発行されているか
園長(=経営者)に気軽に話しかけられる雰囲気があるか
保護者面談が定期的に行われているか

入園してみても、子どものことをなかなか相談しづらい、様子を聞く手段がないと親の不安は高まってしまいます。

4.安全であるかどうか

大事な我が子の命を託す園として安全対策が万全かどうかです。

子どもが園の外に勝手に出て行かないように門の施錠をしているか。
不審者のチェックをしているか。モニター等で訪問者の顔を確認しているか。
避難訓練を定期的にやっているか。
園舎の耐震強度は基準を満たされているか。
食物アレルギーの子どもには適切に対応しているか。

大事な我が子の3年間を、親に代わって世話をしてくれる幼稚園の選び方は非常に重要ですよ。