ロシアが作ったヒーロー映画『ガーディアンズ』の予告編がインパクト大! 人間がクマに変身するとかマジ最高!!

写真拡大

とんでもなくタイヤのデカい乗り物が販売されていたり、強烈なパンチを繰り出す少女がいたりと、何かとインパクト抜群の国「ロシア」で、ロシア版の「X-MEN」とも言えるヒーロー映画の上映が決定して話題となっている。

ロシアで製作されたその映画の名前は『ガーディアンズ(Guardians)』だ。現在のところ、2017年2月23日にロシアでのみ上映予定なのが惜しいところだが、予告編だけでもまたインパクト抜群なので、以下ご紹介したい。

・2017年2月23日ロシアでのみ公開予定の映画

ロシア発「ガーディアンズ」のあらすじは、旧ソ連時代に遺伝子の改造手術を受け特殊能力を身につけたヒーロー達が、現ロシアを襲う謎の敵を倒すため、沈黙の時を破って再び立ち上がるという、ヒーロー映画では定番の内容だ。

・ 予告編では特殊能力を持った5人の人物が登場

予告編では、顔や体つきがクマへと変身する “おそロシア” な男性と、姿を消すことの出来る女性、そして素早い動きと湾曲した風変わりな剣を武器とする男性と、手を触れずに石や岩などを操る男性、さらには磁石のように金属を引き寄せる男性といった、5人の人物が登場する。

・どこかの映画で見たことのあるような設定

戦闘場面や街の風景などはCGが多めとなっており、シーンによっては最新のゲームムービーのように見える場面もチラホラ。さらには、キャラクターの特殊能力がどこかの映画で見たことのあるような設定なのも気になるところだ。

なお、一説によるとマーベルコミックの「Soviet Super Soldiers」に酷似しているというウワサもあるとかないとか……とにかくアメコミヒーロー映画ファンにはたまらない映画となりそうだ。日本での上映がいち早く実現することを祈るばかりである。

参照元:YouTube
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る