花綱にグッときた。リラックス感あふれるウェッジウッドの新アイテム

写真拡大 (全4枚)

ウェッジウッドは、18世紀後半にイギリスで生まれ、世界の貴族たちにも愛されてきたテーブル ウェア ブランド。芸術性や格調の高い雰囲気のシリーズもありますが、クイーンズ ウェアの「フェスティビティ」はリラックス感があり、カジュアルに普段使いしたくなるシリーズです。
「フェスティビティ」シリーズに新アイテムが登場
そんな「フェスティビティ」シリーズから、クイーンズ ウェア コレクションの誕生250周年を記念した新商品が2016年8月31日(水)から発売されます。
「フェスティビティ」シリーズ新商品 アイボリー プチ トリオ トレイ 3,780円(税込)/ブルー プチ トリオ トレイ 3,780円(税込)/アイボリー&ブルー ボール 15cm ペア 4,320円(税込)/アイボリー ボール 22cm 3,240円(税込)
「フェスティビティ」シリーズ新商品 クリスタル ワイン ペア 3,240円(税込)
「フェスティビティ」シリーズ新商品 クリスタル タンブラー ペア 3,240円(税込)
「フェスティビティ」シリーズは、柔らかなアイボリーの色合いと、立体的なデザインが魅力。さらに、食洗機や電子レンジも使用可能という機能性を併せもつ人気の高いコレクション。新製品のプチトレイには、ディップやソースを入れたり、手軽な小皿料理を盛ったりと、使い方のイメージが膨らみます。
クイーンズ ウェア コレクションの華麗なる歴史
ウェッジウッドの「クリーム ウェア」が「クイーンズ ウェア」と呼ばれるようになるまで、そこにはイギリスの古い歴史がありました。
イギリスの陶磁器を完成させたといわれる、ウェッジウッドの創設者ジョサイア・ウェッジウッド。18世紀のヨーロッパでは、白い陶磁器の開発にしのぎを削っていたとか。ジョサイアも次々と釉薬や素地の実験を重ねて、ついに優雅で美しいアイボリー色の陶器「クリーム ウェア」が生まれました。
「クリーム ウェア」の美しさに魅了されたシャーロット王妃から、ティー・サービスやディナーセットの注文をたまわり、クリーム ウェアには「クイーンズ ウェア」という特別な名称が与えられたそう。以降「女王陛下の陶工(Potter to Her Majesty)」を拝命されたウェッジウッドの名声は世界中へ広がって、各国の王侯貴族からもたくさんの注文が入るようになりました。
「フェスティビティ」という名前には、豊穣の象徴「祝祭」という意味があるそう。お祭りの装飾にも使われるという、フルーツや花々の束を縄でつないだ花綱がモチーフなので、イギリスの小さな村のお祭りが映画のように浮かんできます。そんなイメージに合う、ブルーやピンクなどのカラーバリエーションもあります。
シンプルな既存のプレートには、キュートな雰囲気も。

あんみつ★さん(@an_mitsu_)が投稿した写真 - 2016 5月 29 11:53午後 PDT

「フェスティビティ」は、クレープなどスイーツとも相性がピッタリ。筆者はアイボリーのカップ&ソーサーを持っていますが、厚みがあるので紅茶はもちろんコーヒーにも使っています。

alohaさん(@alohamax_japan)が投稿した写真 - 2016 8月 10 5:36午後 PDT

朝食に、淡いピンクの華やかさがプラスされて素敵です。

misakiさん(@msk3ho)が投稿した写真 - 2016 8月 8 2:34午前 PDT

色合いにニュアンスを感じる、公式オンラインショップ限定のセージグリーンのプレートは、かわいくてオシャレ感があるので贈り物にも人気。
「フェスティビティ」の温かみがある色にも癒され、ゆったりとした時間を過ごせそう。さらにグラスも加わったので、揃えてテーブルコーディネートしたくなりますね。
[ウェッジウッド公式サイト]
[フェスティビティ]

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。

http://www.wedgwood.jp/whats_new/newproducts/20160829.html