アロマを味方に、心地よく手放しメンテナンスする【月のリズムで暮らすヒント】

写真拡大 (全4枚)

約29.5日で繰り返す月の満ち欠けは、人間や動植物のリズムと深い関係があります。毎日をよりよく過ごす方法を知りたい! そんな方へ向けたニールズヤード レメディーズ新宿校の1DAY講座「ムーンビューティー〜月とアロマの魔法できれいになる〜」へ参加しました。
講師を務めるのは、経験豊富なアロマセラピストで人気講師の栗山貴美子さん。
「この講座では、月のリズムがもたらす女性のこころとからだの変化に着目し、ニールズヤードならではのアロマセラピーやハーブなどを取り入れて心地よく過ごすコツをご紹介しています」と、これは、期待が高まります。
この日のテーマは「満月〜新月」
「満ちていた月が欠けていく手放しの時期。浄化、解毒、整理、メンテナンスがキーワードで、新月に近づくにしたがってその力は強まります。月が闇に隠れている間は、内面的な強さを引き出すことに集中し、新月の訪れと共に高まる新しいエネルギーに備えて計画を練りましょう」
月の影響はメンタルやビューティーに関することだけではありません。この日、会社帰りに訪れた参加者が惹きつけられたのは、月の満ち欠けと仕事について。仕事をスムーズに進めるためにすぐに取り入れたいものばかりでした。
満月から新月の間に行うとよいこと

仕事・リサーチ、新しい市場を探る・棚卸し、メンテナンス・セミナーに行く・身を引く、退職する・パートナーを解消する・整理整頓、模様替え・未処理事項を片付ける・新しい企画の実行準備をする

「効率よく仕事をするための精油は、ジュニパーベリー、シダーウッド、ローズマリーなどの集中力を高める香りを使って。精油を厚紙に垂らしてスマホケースに挟むと手軽に芳香浴ができますよ。スマホを開くたびに香りを感じられ、外出先でも密かにアロマセラピーが楽しめます」
さっそく手帳型スマホケースで試してみると、電車でのスマホタイムが癒しの時間に早変わりしました。これは続けたいアイディア。

「汚れが落ちやすく大掃除に向いているこの時期は、わたしも必ず整理整頓をします。ティートリー、ユーカリプタスなど殺菌・抗菌作用のある精油を使って雑巾がけをするとサッパリします」
また、月の引力の影響を受けて頭に血が上りやすい満月の日。満月の日とその前日は、衝動買いをしやすい傾向があるそう。
「買い物に最適な時期は満月の翌日から下弦の半月まで。損をしないよい買い物ができると言われているので、少しだけガマンしましょう」
満月から新月の間に行うとよいこと

美容・健康・眉毛を整える・脱毛処理・スクラブ、ディープクレンジング・歯科治療や外科手術を受ける・ダイエット開始、断食、禁煙・ヘアカット(ヘアスタイルを維持したい場合)

「実際に試してみて、この時期にヘアカットするといつもより長くヘアスタイルを維持できた気がします。スクラブも、満月の日に試したら肌が荒れてしまったので、汚れがキレイに落ちやすい新月の時期がおすすめ。フランキンセンス、ジュニパーベリー、グレープフルーツなど引き締め効果のある精油でビューティーケアを。脂肪を燃焼させるような揉み込むマッサージを行いましょう」
最後に、デトックスを促すアロマバスソルトをつくります。ハーブティを加えて見た目も華やか! これなら自宅でさっそく実践できますね。

そして、忘れてはいけないのが「新月の願い事」。
「新月から48時間以内に紙に書いた願い事は叶いやすいと言われています。アファメーションで自分に語りかけ、意志を明確にする機会を持つことにも意味があります」
知識や情報として知っていても、実際に行動をしていない方も多いのではないでしょうか? 話を聞き、香りを試し、手を動かすこの講座は、変化の意識づけに最適です。