ハリルから声の小ささを指摘されたMF大島僚太「声を出すといっても色々ある」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は29日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドにて、9月1日(木)に埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE代表戦に向けたトレーニング2日目を実施した。

▽練習後、MF大島僚太はミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から「もっと声を出すように」と指摘されたことを明かしつつ、A代表での経験を自身の成長につなげたいと語った。

◆MF大島僚太(川崎フロンターレ)

――コンディションはどうか

「オリンピックのときほどは戻っていないというか、体調は戻っていないと思う」

――オリンピックを経験して呼ばれたA代表で自身に変化はあるか

「特に…(苦笑)」

――今回は最終予選へ向けた合宿となるが、周囲に張り詰めた雰囲気はあるか

「全員が練習するときになれば、よりそうなるとは思う。今日の練習前には、監督も『失敗できない』とは言っていたし、今日もある程度ピリッとしたものはあった」

――自分が試合に出るイメージはあるか

「僕は、あまりそういう性格じゃないので…」

――監督と何か話をしていたようだが

「声を出すようにと言われた」

――声を出すという部分は苦手なイメージだが

「声を出すといっても、色々あると思う。僕は試合中に出せれば良いと思っているし、ムードメーカーというのはやれる人がやって、その人が練習に集中できるようにするのが一番良いこと。試合中だったり、プレー中に必要な声はどんどん出さないといけない」

――過去の最終予選で印象的なシーンはあるか

「(2009年のウズベキスタン戦でMF中村)憲剛さんが速いパスを出して、岡崎さんが身体で押し込んだゴールシーンは、印象に残っている」

――メンバー発表会見で監督が大島選手を将来、A代表に何かをもたらせる存在と話していたが

「僕ができることは全力でやりたい。攻撃の部分でアクセントをつけていきたいし、課題の守備という部分も特長のある選手がいるので、ここで盗んでいきたい」