【マサイ通信】第29回:マサイ族のタバコ事情 / 吸うタバコでもなければ噛みタバコでもなく水も使わず「鼻に入れる」だけ

写真拡大

スパ! なんだか慌ててマサイ通信が更新され始めたということは、それすなわち、月末がやってきたということだ。いよいよあと3日で8月も終了。学生のみんな、宿題は終わったか? 社会人のみんなも、いろんな精算を早め早めに終わらしておこう。

それはさておき、今回のネタはマサイ族のタバコ事情だ。俺たちケニアのマサイ族も、タバコくらいは嗜(たしな)んでいる。朝とか昼間とかにタバコをしながら、みんなとワイワイ話すんだ。でもって、どんなタバコなのかというと……粉なんだ。

んで、どうやって楽しむのかというと……

念の為に言っておくが、キメてんじゃないぞ? パット見、ヤバイもんを鼻からスニッフィングしている(吸ってる)ように見えるだろうけど、別に麻薬をキメているワケじゃないからな(笑) もちろん、ストローとかも使わない。カードもだ。

粉状になったタバコの葉っぱを掌(てのひら)にのせて、鼻の中にガボっと入れる。そしてスーハー呼吸をすると……シダイナレン(ベリーグッド)!! エイッ!! トゥァー! タイッ! タイッ! Yeah!! ってな感じなのさ。キメてるわけじゃないぞ。

そう、オレタチのタバコは「鼻」で楽しむ。火は使わず、水タバコでもなく、噛みタバコでもなければ麻薬でもない。「鼻に入れるタバコ」ってわけさ。どんな味がするのかは、ぜひともアンボセリに来た時に体験してくれよな。そんじゃな、オレセリ!!

Report:ルカ(マサイ族)
意訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る