1万円以下で日経平均株価やNYダウが買える ETF(上場投資信託)はNISA口座でも使える商品! 日本株、海外株などからおすすめの8銘柄も紹介!

写真拡大

ETF(Exchange Traded Fund:上場投資信託)とは、株と同じように売買できる投資信託のことで、株式市場が開いている時間帯なら、株と同様に成行(なりゆき)や指値(さしね)での売買ができる。また、投資信託と同様に投資先は複数銘柄に分散されており、個別株より断然少額で買うことができる点も特徴だ。ここではそのメリットとタイプ別(日本株、外国株、コモディティ)のおすすめETFを8本紹介しよう。

複数銘柄の平均値である指数へ
少額から投資できるのが最大の魅力

 指数への投資の第一歩としてオススメなのがETF(上場投資信託)だ。ETFは個別株と同様にリアルタイムでの売買が可能で、しかもETFの最低投資額は個別株に比べて圧倒的に少額。たとえばトヨタ自動車(7203)の株を買うには、株価が5894円で単元株数は100株なので約59万円(7月末現在)が必要となる。もちろん、もっと少額で買える株もあるが、その多くは10万円以上が必要だ。

 一方のETFは、日経平均に連動する「日経225連動型ETF(1321)」の場合、株価は1万6850円、単元株数は1株なので約1万7000円で買える(7月末現在)。

ETF(上場投資信託)を買う5つのメリットとは? 
\廼皀璽蹐NISAでも買える!
税金ゼロのNISA(少額投資非課税制度)口座では株や投資信託のほかETFも買える。NISA口座では、金やプラチナ、原油などを買うことはできないが、これらの指数に連動するETFは買えるので、非課税投資が可能となる。
高配当株などの指数も揃っている
ETFが連動する指数は日本株全体といった一般的な指数だけではない。たとえば高配当株を集めた指数など、特定の条件に対象を絞った指数に連動するETFもある。個性的な指数への投資ができるのもETFの魅力だ。
指数の2〜3倍稼ぐこともできる!
ETFの中には指数の2〜3倍の値動きをするタイプ(レバレッジ型)がある。こうしたETFを使えば投資効率が2〜3倍になるので、少額でも大きな利益を狙うことができる。使う時は長期ではなく、短期で稼ぐのはおすすめだ。
せ愎瑤下落しても値上がるタイプも揃っている
ETFの中には指数と逆の値動きをするタイプ(インバース型という)もある。株価の下落局面でこれを買えば、下落した分だけこのETFは値上がるので、保有株が下落しても株を売らずに耐えることができる。
テ銀による買い支えが決まっている!
7月29日、日銀の金融政策決定会合において、これまで年間3.3兆円だった日銀のETFの買い支え額が、6兆円にまで拡充されることが発表された。この決定により、この先1年間の日本株の下落リスクは減少した。

 このように、ETFは値動きがわかりやすい、少額で買えるなど初心者にやさしいという特徴がある。

 しかし、ETFは投資経験者にとっても大きな武器となる。一つがNISA(少額投資非課税制度)口座で使えるという点。株や投資信託もNISAで買えるが、実は金への投資などでETFは威力を発揮する。というのも純金積み立てなどはNISAの対象外だが、こうした金などへの非課税投資もETFならOKだ。

 さらにETFには、もととなる指数の値動きの2倍動くタイプ(レバレッジ型と言う)や指数が下落した時に上昇するタイプ(インバース型と言う)がある。これらは、資金効率を上げたり、下落に備えたりする時に効果を発揮するはずだ。このほか、ETFでは高配当株の指数に連動するタイプなどもある。

 ちなみに、7月末には日銀が日本株に連動するETFの買付額を年3.3兆円から6兆円に拡大することを決定した。日本株のETFを買うならこれも追い風だ。

 以下にオススメのETFを8本選んだので参考にしてほしい。

 日本株から4本:日経225連動型ETF(1321)、マザーズ・コア上場投信(1563)、日経平均レバレッジ・インデックス連動型ETF(1570)、日経平均インバース・インデックス連動型ETF(1571)。

 外国株から3本:ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信(1546)、海外株式(MSCI コクサイ)ETF(1550)、世界株式(MSCI ACWI)除く日本(1554)

 コモディティから1本:純金上場信託(金の果実)(1540)だ。

◆日本株◆

◆外国株◆

◆コモディティ◆

 8月20日発売のダイヤモンド・ザイ10月号には、「損しないが最優先!今でも買える割安株70」の大特集が載っており、割安株を見つけるPBR、PER、理論株価などの正しい使い方から、本当に割安な高配当株、高成長株、底値株、人気優待株まで、わかりやすく解説。このほか、ポケモンGOで急騰した任天堂の今後や今秋発売のプレステVR(バーチャルリアリティ)で化けるゲーム株、さらに、100本中8割が赤字となった人気毎月分配型投資信託の本当の利回りも完全掲載。ダイヤモンド・ザイ10月号もぜひ読んでみてほしい。