28日、中国・南京市では、来月1日から市内の全ての地下鉄駅で保安検査が実施されるが、有名ブランドのバッグは保安検査装置を通すことが免除されると報じられ、市民から「差別ではないか」との声が上がっている。写真は南京地下鉄の保安検査。

写真拡大

2016年8月28日、中国・南京市では、来月1日から市内の全ての地下鉄駅で保安検査が実施されるが、有名ブランドのバッグは保安検査装置を通すことが免除されると報じられ、市民から「差別ではないか」との声が上がっている。これについて、地下鉄側は「有名ブランドのバッグは保安検査装置を通すことが免除されるが、検査自体を免除されるということではない。検査スタッフなどがバッグを開けて中を確認することもある」と説明した。揚子晩報が伝えた。

南京市地下鉄ではこれまで、新街口、南京南駅など23の主要駅で保安検査が行われていた。来月1日からは121駅すべてで実施される。運営する南京地鉄運営公司では、今回の保安検査の全面実施に向けて、209台の装置を増やし、スタッフ2000人余りを増員したという。(翻訳・編集/柳川)